国分の棲遅 (中庭格子(外側))

中庭格子(外側)

国分の棲遅 (リビング)

リビング

大谷石の壁とキャットウォークを兼ねたテレビボードが特徴です。

国分の棲遅 (リビング)

リビング

5枚の木製建具は全て壁の中に収納可能となっています。

国分の棲遅 (キッチン)

キッチン

中庭に面したキッチン

国分の棲遅 (猫の部屋)

猫の部屋

アーチ型のネコ用トンネル

国分の棲遅 (外部収納)

外部収納

外部と内部、両方より出入り可能な外部収納

国分の棲遅 (ポーチ)

ポーチ

雨に濡れない車庫を兼ねた玄関ポーチ

国分の棲遅 (中庭(外側))

中庭(外側)

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
15

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, 土地・物件探し

用途

自宅

居住者

夫婦・カップル

所在地

高知県南国市

敷地面積

414.58㎡

延床面積

153㎡

階数

平屋

完成時期

2018年03月

高知県南国市の郊外に建つ夫婦とペット(犬・猫)たちの住宅である。

家づくりのきっかけ・施主の要望

建物計画は先ず土地探し(※)から始まった。クライアントが候補として選んだ土地は、南側に隣家への通路となる旗竿の竿部分の土地と、北側に拡がる田畑に挟まれた敷地であった。


※「全ての設計事務所との家づくりを応援する」というコンセプトのもと、”建築家×不動産|高知K不動産”という不動産メディアサイトを利用して土地探しからスタートしている。今回はその第3段目となる。

この事例の見どころや工夫したところ

近隣の周辺状況を考えると、ある程度のプライバシーが確保された平屋が相応しいと思えた。そこで周辺との程良い距離の調整と内部での開放感を得る為に、敷地境界や中庭に少し高さのある板塀や格子、植栽を施した。
ただこのままでは少々閉鎖的になり過ぎてしまうと思い、木架構の現れた天井の高い玄関ポーチへ近所の方とのコミュニケーションの場となるベンチを設け、少しづつこの環境へ馴染んでいけるように配慮した。
内部では東西に伸びた敷地を利用し、奥行の長い建物を中庭を境に大きくLDK+土間のパブリックゾーンと、寝室や水回りなどのプライベートゾーンの2つに分けた。
土間には調理可能な薪ストーブを据え、南の庭と中庭へ目一杯の開口を設けた。そうする事により、屋外と屋内の中間領域である土間空間が、更にその領域を曖昧なものにするのではと考えたからである。
常々1年の大半を屋外で過ごす事の出来る温暖な気候である高知県において、屋外と日常生活をいかにシームレスにリンク出来るかといった点に重点を置き設計しているが、今回はこの土間空間がその役割をしてくれている。
またキッチン前の中庭には猫の脱走防止用として、ピッチやサイズを変えた木格子を取付け、安心してペットとくつろげる場となる様にした。
一部樹木の中へ滑り込む様に配置した縁側バルコニーは、各個室間を繋ぎ、内と外を互いに回遊できる動線としている。
夜には農作業の終わった田畑も借景となるこの場所で、自然環境を内部へ取り込みながら、夫婦とペットがストレスなく心豊かな時間を過ごせる家になればという想いの元、”国分の棲遅”と名付けた。

いい家!
15

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

上森 雅明/上森 こくとう

上森 雅明/上森 こくとう

家で家族や友人と過ごす時間は、何物にもかえられない大切な時間だと思います。 四季折々の季節を感じながら、皆が集まって楽しく過ごせる。そんな家づくりを心がけています。

所在地

高知県高知市上町1-11-3 明神ビル2F

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

上森 雅明/上森 こくとうさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る