古城ヶ丘の家 (ダイニング)

ダイニング

本計画は、クライアントの「ひとつ屋根の下」というキーワードからスタートした計画です。敷地は間口が広く南西角地で敷地の広さにも余裕のある好立地な条件。 そこでその立地条件をいかし南北に大きな屋根をかけ、外部から内縁側、内部、そして二階へとその大きな屋根がひと続きで繋がり、仕切りを最小限にすることで「ひとつ屋根の下」で「家族がひとつになれる」住まいを目指した。将来性を考え子供室以外を一階に配置した、開放的な外構と軒の深いどっしりとした平屋のような佇まいは、この地域でのひとつの象徴となる建物となった。

古城ヶ丘の家 (寝室)

寝室

本計画は、クライアントの「ひとつ屋根の下」というキーワードからスタートした計画です。敷地は間口が広く南西角地で敷地の広さにも余裕のある好立地な条件。 そこでその立地条件をいかし南北に大きな屋根をかけ、外部から内縁側、内部、そして二階へとその大きな屋根がひと続きで繋がり、仕切りを最小限にすることで「ひとつ屋根の下」で「家族がひとつになれる」住まいを目指した。将来性を考え子供室以外を一階に配置した、開放的な外構と軒の深いどっしりとした平屋のような佇まいは、この地域でのひとつの象徴となる建物となった。

古城ヶ丘の家 (リビング)

リビング

本計画は、クライアントの「ひとつ屋根の下」というキーワードからスタートした計画です。敷地は間口が広く南西角地で敷地の広さにも余裕のある好立地な条件。 そこでその立地条件をいかし南北に大きな屋根をかけ、外部から内縁側、内部、そして二階へとその大きな屋根がひと続きで繋がり、仕切りを最小限にすることで「ひとつ屋根の下」で「家族がひとつになれる」住まいを目指した。将来性を考え子供室以外を一階に配置した、開放的な外構と軒の深いどっしりとした平屋のような佇まいは、この地域でのひとつの象徴となる建物となった。

古城ヶ丘の家 (外観)

外観

本計画は、クライアントの「ひとつ屋根の下」というキーワードからスタートした計画です。敷地は間口が広く南西角地で敷地の広さにも余裕のある好立地な条件。 そこでその立地条件をいかし南北に大きな屋根をかけ、外部から内縁側、内部、そして二階へとその大きな屋根がひと続きで繋がり、仕切りを最小限にすることで「ひとつ屋根の下」で「家族がひとつになれる」住まいを目指した。将来性を考え子供室以外を一階に配置した、開放的な外構と軒の深いどっしりとした平屋のような佇まいは、この地域でのひとつの象徴となる建物となった。

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

所在地

滋賀県甲賀市

コンセプト
本計画は、クライアントの「ひとつ屋根の下」というキーワードからスタートした計画です。敷地は間口が広く南西角地で敷地の広さにも余裕のある好立地な条件。

そこでその立地条件をいかし南北に大きな屋根をかけ、外部から内縁側、内部、そして二階へとその大きな屋根がひと続きで繋がり、仕切りを最小限にすることで「ひとつ屋根の下」で「家族がひとつになれる」住まいを目指した。将来性を考え子供室以外を一階に配置した、開放的な外構と軒の深いどっしりとした平屋のような佇まいは、この地域でのひとつの象徴となる建物となった。

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

HEARTH ARCHITECTS

HEARTH ARCHITECTS

滋賀県を拠点に活動する建築家 久我義孝が主宰する建築設計事務所です。 新築からリフォームまでなんでも、お気軽にご相談下さい。 「時をつむぐ、豊かな住まい」を目指して・・・ 1. 住まいに“豊かな余白”を。 私は「人や自然に寄り添い日常に馴染むシンプルな空間」こそ、豊かな住まいだと考えます。その為に機能性を確保しつつも余分なモノはなくし、「豊かな余白」を造ることがとても大切です。動線や間取りはシンプルにし、空間を断面的に考え、外観は虚飾のない凛とした佇まいに。敷地や空間に生まれた余白は、自然溢れる奥深い空間を生み出し、私達に多様な豊かさと質を与えてくれます。 2. 日常に“五感で感じる変化”を。 人は自然の移ろいや光と影など「変化するモノ」に心動かされ、年月を重ねる程「味わいを増すモノ」に心惹かれます。日常の中で、ふと空を見上げたくなったり、モノに触れたくなったり、そこにとどまりたくなるような。そんな「はっ」とする日常の心の変化をデザインすることは出来ないか・・・私は建築的操作で何気ない日常の中に「五感で感じる豊かな変化」を造り出し、年月の経過と共に味わいを増す魅力的な住まいを造りたいと考えます。 3. 空間に“多様な繋がりと奥行”を。 建築の設計とは境界を考える行為です。その為空間同士の「繋がりや境界の奥行」を考えることがとても大切です。例えば、縁側や軒下、通り土間に坪庭など、日本の住まいは昔から内と外との境界に多様な半屋外空間(中間領域)があり、格子や障子など多様な空間の仕切り方が存在しました。そんな日本の風土に適した中間領域や仕切り方は、空間に「多様な繋がりや奥行感」を与え、暮らしに豊かさを与えてくれます。和の伝統から多くのことを学び、敷地環境や住まう人との語らいの中から、現代に再構築した豊かな空間を考えてみたいと思います。

所在地

滋賀県甲賀市水口町松栄2-4

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

HEARTH ARCHITECTSさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

HEARTH ARCHITECTS

建築家 / @滋賀県