注文住宅

『PALLET』生活動線が家族のコミュニケーションを生み出す家

面積:

116㎡

エリア:

神奈川県藤沢市

内容:

夫婦と子供2人、将来的に両親も同居することを想定した3階建は、階ごとに個室を分けることでプライバシーを確保しながら、それらをつなぐ吹抜のリビングに畳敷のパレットをしつらえ、家族団欒の中心としている。
寝室への階段やスキップフロアのステップはベンチでもあり、キッチンの奥に子供たちのワークカウンターと寝床を配置するなど、生活動線が、家族のコミュニケーションを生み出すように考えた。

(Photo:Nacasa & Partners Inc.)

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

二宮博

建築家 / @神奈川県

時間をかけて住まい手の色に染めていけるような「骨太で自由度のある家」 窓から見える月、飛行機、雲の流れ、風や光の気持ちよさ等、一日中家で過ごすことが楽しくなるような仕掛けづくりを心がけています。

二宮博

建築家 / @神奈川県

この専門家のプロジェクト一覧