注文住宅

専門家イチオシ

山陰の住まい

手掛けた建築家

設計、監理を担当

山陰の住まい (リビング)

リビング

リビングとダイニング・キッチンが雁行して奥行を生み出しています。屋根形状を室内にもあらわしたおおらかな空間の天窓からのあかりが、壁の上部で斜めに反射して柔らかく室内に拡がります。ゆったりとした平家の回遊式の住まいです。

山陰の住まい (リビング)

リビング

居間から入り口扉側を見たところです。部屋の入り口では天井を低く抑え、進行方向に向かって天井も上がるようにしています。壁に全て収納される幅広の引戸で和室ともつながります。

山陰の住まい (リビング)

リビング

庭に面してコーナー部に落ち着きある溜まりをつくっています。窓も掃き出しとはせずに立ち上がりを持つことで包まれた趣きに一役買っています。

山陰の住まい (ダイニング)

ダイニング

ダイニングは深い軒に被われたテラスから庭につながります。リビングとは斜めにつながっています。その間には3本の八角柱が立って境界となっています。

山陰の住まい (ダイニング)

ダイニング

ダイニングとキッチンは深い軒に被われたテラスから庭につながります。南に広がる庭はレンガ透かし積みの塀と植栽でプライバシーが保たれています。

山陰の住まい (ダイニング)

ダイニング

ダイニングの夕景です。造り付けのカウンター家具の背後がキッチンです。トールユニットの背面にレンジフードを取り付けています。排気ダクトはどこからも見えないように隠されています。

山陰の住まい (キッチン)

キッチン

造り付けのカウンターで手元を隠したアイランド型のキッチンです。キッチンの対面には水屋が造りつけられています。キッチンは南側は庭に、北側は勝手口やサニタリーのゾーンにつながっています。

山陰の住まい (和室)

和室

壁・天井共すべて和紙で仕上げた現代的な和室です。畳は縁なしとしてニュートラルなイメージとしています。庭に面する掃き出し窓には光を和らげる紙障子と遮光の襖を二重に両側の壁の中へ引き込んで全開できるように設えています。紙障子は色和紙も部分的に配し繊細な組子に両面から紙を張り込んだものです。

山陰の住まい (和室)

和室

壁・天井共すべて和紙で仕上げた現代的な和室です。床の間正面も手漉きの和紙の重ね貼りとしています。床地板は摺りガラスとして下から照明で浮かび上がらせています。

山陰の住まい (外観)

外観

街角から後退しオープンスペースを広く取った構えです。平家の重なる切妻屋根と、味わいのあるスクラッチタイルの外壁が落ち着いた外観を形成しています。

山陰の住まい (外観)

外観

外壁のタイルは足元のボーダータイルと軒のラインの白いアクセントタイル、そしてベースのスクラッチタイルには一部に模様を描き、さりげない表情を生み出しています。道路に面して設けた車庫の外壁は開口も設けず退屈な壁面になりがちなのを防いでいます。

山陰の住まい (玄関アプローチ)

玄関アプローチ

道路からはやや陰になったところにエントランスを設けています。袖壁に沿って階段を数段上がり、門に代わる格子戸を開けると軒下吹きさらしの玄関アプローチとなります。

山陰の住まい (玄関アプローチ夕景)

玄関アプローチ夕景

玄関アプローチの夕景です。正面のシンボルツリーが人をやさしく迎え入れます。

山陰の住まい (玄関アプローチ)

玄関アプローチ

玄関アプローチの見返しです。門扉に代わる格子戸は人を迎え入れるように内側に開きます。電子錠で遠隔操作をしていますが、配線や機構は目につかないように配慮しています。郵便受けや宅配ボックスは別のところに目立たないように設けてあります。それらは玄関収納から直接取り出しができるようにしています。

山陰の住まい (リビングダイニング夕景)

リビングダイニング夕景

主庭から見たリビング・ダイニングの夕景です。深い軒の出に守られた落ち着きのある住まいです。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

設計、監理を担当

用途

自宅

居住者

夫婦・カップル

敷地面積

502㎡

延床面積

238㎡

階数

平屋

期間

設計:9ヶ月 、施工:10ヶ月

完成時期

2014年12月

施工会社

株式会社 田中建設

手掛けた建築家のコメント

設計、監理を担当

おおらかな屋根に包まれたのびやかな平家建ての住まいです
天窓からの光が柔らかく注ぎます

この事例の見どころや工夫したところ

二方が道路に面した敷地に、平家で建つ住まいです。
通風採光のためにいくつも庭をちりばめた間取りでは、広がりをより感じさせるため主庭に面して室を斜めに雁行させ、大きな平面形に対しては回遊性や曲折する動線で変化や利便を図っています。 軒の深い大屋根の重なりは住まいの外観に落ち着いた陰影を与えるとともに、屋根をそのままあらわした室内は、おおらかに包まれた安らぎを醸しています。一方深く大きな軒は冬の山陰では室内を充分な光で満たしてはくれません。天井の隅に設けた天窓の、障子を透過した光はその下の斜めの壁で反射して拡散し、室内を柔らかな光で補います。
深い軒の下、外壁に張られたスクラッチタイルは一枚一枚が異なる表情を見せています。その壁面には、さりげなく模様張りをしのばせました。

おおらかで包容力に満ち、表層的な美ではなく内面からにじみ出る魅力を備え、ずっと前からそこにあったようでありながらみずみずしさ新鮮さを備え、時間とともにますます醸成していく、品位ある建築・・・
そのような住まい願って心を込めて設計させて頂きました。

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

大阪府箕面市西小路5-5-5, 555ビル505

対応エリア

京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 滋賀県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,100万円〜

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

木村哲矢建築計画事務所さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けた建築家

木村哲矢建築計画事務所

@大阪府