注文住宅

路地に沿う、北鎌倉の超細長い家

路地に沿う、北鎌倉の超細長い家 (ピクチャーウィンドウのダイニングキッチン)

ピクチャーウィンドウのダイニングキッチン

大小さまざまな窓が開いています。隣には隣地家屋が建っているため、そこを避けて遠景に借景を求めました。内壁は杉板をブラックオイルで染め、床は杉の無垢板を張っています。 キッチン台、レンジフードなども全てがこの空間のためにデザインされています。

路地に沿う、北鎌倉の超細長い家 (路地に沿って曲がった焼杉の外観)

路地に沿って曲がった焼杉の外観

北鎌倉の参道のほど近く、うねった路地に面する敷地に建つ住宅の外観です。湿った環境に合うように外壁は焼杉をはり、正面には開放的なバルコニーを設けました。家全体がピクチャーウィンドウになっており、周囲に点在する住居を視線から切りながら、遠景としての森を捉えようとしています。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

所在地

神奈川県鎌倉市

費用

設計・施工:3500万円

延床面積

108㎡

敷地の形状はおおよそ奥行き4m、間口が30mほどの、路地にそって変形したものでしたが、施主と敷地を視察に行った時にここを買って下さいと申し上げました。周囲は住宅街でありながらも遠景として竹林や森が眺望でき、閑静な雰囲気を気に入っておられました。
路地形状にそって変形した建物は、内部にも路地を復元する様にして、北鎌倉特有の湿った空気感を再現しました。光の尺度と空間の尺度、素材などに気を遣い、1階と2階で空間の質感が大きく変化するように計画しました。
開口部は周囲の風景を見ながら上棟時に再調整し、ピクチャーウィンドウとして機能するよう、心がけました。中庭が一つありますが、ここを介して客間や寝室が設けられ、浴室も中庭に開くことで開放的に入浴頂けるようになっています。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

acaa

acaa

家を坪数や部屋数という物差しで計ることは止めた方がいいのではないでしょうか。なぜならば、それは量産住宅にとって設計の手間を省き、建設コストを抑える都合のよいツールであるだけでなく、日本の風土に根ざした住空間の在り方を否定することになるからです。広がりと籠もり感、明るさと陰影が共存する居場所に心地よさを見出してほしいのです。

所在地

神奈川県横浜市中区石川町2-78-10-4F

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

acaaさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

acaa

建築家 / @神奈川県