二世帯住宅

個人住宅 愛知県 2004

エリア:

愛知県

内容:

長屋形式の二世帯住宅です。
外壁下部は、現場の土を混ぜた土モルタル仕上げとしました。

外壁上部は、杉板鉄くぎ打ち。下部は、現場の土をまぜたモルタル仕上げ。経年変化で自然にとけ込むような風合いになっていくと良いと思う。

名古屋市近郊の住宅が建て込む地域ですが、ラフな素材をつかうことで朝の一瞬など、山荘にいる気分になります。

ソファは、私が師事したトビアスカルパのデザインです。日本の住宅にもあうサイズで表皮の素材、色は際限なく選べ、家庭で洗濯できます。
MERITALIA社

外壁の杉板は、鉄くぎで打っています。鉄くぎの錆が流れてラフな表情をつくります。

東面外観・竣工後はじめての雪/真新しい杉板の表情と雪の白さがいいです。屋根の小窓はシャワーブースに朝日を入れるために取り付けました。

この住宅事例を手掛けた建築家

篠田 望

建築家 / @愛知県

住むほどに美しさが増す家をめざします。そのためには素材選びも重要ですが、日常の手入れがしやすく、家事が楽しいことが大切だと思います。 様々な思いをうかがい、共につくりあげる過程がとても楽しいです。でも設計者としてお施主様の想像以上のものをご提案できるようがんばります!