注文住宅

建築士の家

築年数:

150年

エリア:

岐阜県

内容:

明治時代の民家を、可能な限り再生しました。

坪を作るのは、時間なんですよ。

炉も切ってあります。

寒い冬は薪を焚きます。

スジカイや金物を使用せず、貫と土壁で元に戻しました。

子供たちの部屋です。

庭には、ハンモックとスカイチェア。

庭の古い柿の木2本は残しました。

お出迎えの庭です。

損傷の激しかった門塀も再生しました。

東に座敷のある、逆構えの民家です。

この住宅事例を手掛けた建築家

水野 友洋

建築家 / @岐阜県

私は、自然 素材と謙虚に向き合い、「心地よい木の家」を目指しています。 心地よい自然 素材を求めて行き着いた先は「伝統的構法の家」でした。 近くにある自然の素材を使い、職人さんたちの手仕事による家作り。 時間によって暴かれていく建築材料を使った家作りではなく、 時間によって磨かれる本物の素材を使った家作り。 そして、昔の人たちが残してくれたように、未来の子供たちに「日本の風景」を残したいと思っています。 【好きな家作り】 天然乾燥の木材・・・「桧・杉・松」など住んでいる地域で育った木を使う事。 木組みの構造・・・プレカットではなく、大工さんが一本一本手で刻む事。 差鴨居と貫・・・金物をで固めず、木のめり込みを生かしたしなやかな構造。 現しの土壁・・・壁はボード下地ではなく、土と藁からなる素材で作る事。 石場建て・・・基礎を立ち上げず、床下に風と光を通す事。

水野 友洋

建築家 / @岐阜県

水野 友洋さんの住宅事例