注文住宅

『ケローナ通り沿いの住宅』 〜 街並みに調和する2種類の外壁 〜

面積:

198㎡

エリア:

愛知県

実施時期:

2012.11竣工

内容:

緑道沿いに建てられた混構造による住宅兼事務所建築。1階には自身の事務所とテナントスペース(カフェ)を配置、2階および3階を住宅としています。
1階外壁は敢えて自然な風合いが出るように、木目が転写されたラフなコンクリート打ち放し、2階および3階は深い緑色に塗られた木板貼りとし町並みに調和させています。
2階に小さなテラスを設け、光が入り込むそのテラス周りにリビング、ダイニング、キッチンをL型プランに配置。ダイニングテーブルからは窓越しに緑道の植栽が眺められ、この住宅で最も気持ちの良い場所となりました。
3階は高さを抑えた屋根裏状の空間になっており子供の遊び場であると同時に、住宅部分の換気効果を上下にも促す役割をもたせています。

人造大理石のコの字型カウンターとタイル貼りの壁

テラスを囲む様にリビングとダイニングを配置して明るい空間に。

コの字型キッチンからダイニングを眺める。

大きなフィックス窓から樹木を眺められる子供部屋

IKEAの洗面台と木造作による棚

3階の屋根裏状の空間。子供の遊び場として。

ダイニングテーブル脇に設けられた木製サッシによる窓。窓の先には小さな花壇スペースを配置。

2階リビングと3階屋根裏空間をつなぐ吹き抜け。

リビングの一部が吹き抜けとなり3階とつながる

テナント入口とシンボルツリー(イタヤカエデ)

1階はラフなコンクリート、2階および3階は木板貼りの外観

この住宅事例を手掛けた建築家

井村正和

建築家 / @愛知県

住宅を創るという行為はクライアントにとっても、わたしたち建築家にとっても正解の無い長い長い問題を時間ある限り考え続けるような作業です。幾つもの選択肢をイメージし最後にたどり着いた選択肢がやっぱりこれが正解だったと思える様たくさんのお話をしていきたいと思います。

井村正和

建築家 / @愛知県

井村正和さんの住宅事例