注文住宅

風と光と暮らす家

面積:

128㎡

エリア:

東京都杉並区

実施時期:

2015

内容:

計画地は都内の比較的ゆったりとした住宅街(第一種低層住居地域)の、引込み道路の先にあり、正形の敷地には北側の二辺から高度斜線(5m+0.6/1)がかかります。
耐震性、明るく風通しの良いこととともに、生活時間やライフスタイルの違うそれぞれの家族と愛猫が快適に、安心して暮らしていけることが求められました。
住まいにはLDKと水廻りとともに、四人家族それぞれの独立性の高い個室があります。それらを繋ぐ中央の吹抜けた玄関ホールは、客を迎える場所であるだけでなく、家族の繋がりを意識する空間であり、また、それぞれの家族のプライベートな空間と時間を充実させる役目も担っています。

この住宅事例を手掛けた建築家

設計事務所アーキプレイス

建築家 / @東京都

石井正博と近藤民子の男女二人を中心とした建築設計事務所で 「敷地の特性」を活かし「建て主のライフスタイル」を大切にし、 デザインとともに温熱環境、安全性、コストコントロール、品質など ”バランスのとれた家づくり”を心がけて設計活動をしています。

設計事務所アーキプレイスさんの住宅事例