注文住宅

House in Kawanabe ~緑と共に暮らす家~

House in Kawanabe ~緑と共に暮らす家~ (LDK)

LDK

庭とリビングの間に設けた土間スペースで内外につながりを持たせています。

House in Kawanabe ~緑と共に暮らす家~ (LDK 02)

LDK 02

大きな開口部が内外をつなぐ気持ちのいい空間。

House in Kawanabe ~緑と共に暮らす家~ (LDK 03)

LDK 03

開放的な南側の風景。芝生の先にある田園風景も庭の一部として楽しめる。

House in Kawanabe ~緑と共に暮らす家~ (LDK 04)

LDK 04

上がり降りするのがわくわくする螺旋階段。 大きなガラス越しに見えるのは ハート型の葉っぱをしたカツラの木。 春には青々とした新芽を楽しみ、 秋には黄色く色づき、四季を通して 室内から植栽の変化を楽しめるようになっている。

House in Kawanabe ~緑と共に暮らす家~ (LDK 05)

LDK 05

2階からリビングを見下ろす。プライバシーを保ちながら 外部とつながっていて、開放感がある。

House in Kawanabe ~緑と共に暮らす家~ (2F)

2F

2階の左側には子供部屋の扉が並ぶ。 2階の手摺が鉄骨でつくられているため、障害物がなく、扉を開けていれば子供部屋内にいながら1階とのコミュニケーションも取れる。

House in Kawanabe ~緑と共に暮らす家~ (LDK06)

LDK06

LDKの夕景01

House in Kawanabe ~緑と共に暮らす家~ (LDK07)

LDK07

リビング夕景02

House in Kawanabe ~緑と共に暮らす家~ (土間)

土間

室内に設けた土間スペース。建具の開け閉めで、季節や用途に応じて様々な使い方ができる。

House in Kawanabe ~緑と共に暮らす家~ (外観01)

外観01

モルタル仕上げでシャープな形の中にも左官の手跡が残るナチュラルな仕上がりとしている。

House in Kawanabe ~緑と共に暮らす家~ (外観02)

外観02

夕方の外観

House in Kawanabe ~緑と共に暮らす家~ (洗面、浴室)

洗面、浴室

白を基調とし、清潔感のある水回り。

House in Kawanabe ~緑と共に暮らす家~ (トイレ)

トイレ

トイレと手洗い。トイレ背面にモザイクタイルを張り、アクセントを持たせながら、清潔感のある空間としている。

House in Kawanabe ~緑と共に暮らす家~ (家事室、書斎)

家事室、書斎

主に家事室として使われるデスクのある空間。 開口部からリビングが見渡せ、緑も楽しめる。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

香川県高松市川部町

敷地面積

495.83㎡

延床面積

133.02㎡

階数

2階建て

間取り

4LDK以上

期間

設計:12ヶ月 、施工:12ヶ月

完成時期

2015年12月

この家は、設計者である私の自邸です。敷地は平野部の田園地帯に位置し、民家が田園の中に点在しているようなのんびりとした雰囲気の中にあります。
近接して周囲の家がないために、開口部を大きく取り、周辺の田園風景や光や風を取り込めるように大きな開口部を設け、植栽を各所に配置し、気温や風の向き、光の入り方など自然の変化を日々肌で感じながら、またそれを楽しみながら暮らせるように計画しました。
南側には土間スペースを設け、内外が緩やかにつながるようにしています。また、室内は開放的な吹き抜けと軽快な螺旋階段を介して2階の子供部屋とつながるようにし、家のどこにいても子供たちと容易にコミュニケーションが取れるよう配慮しました。

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

清水健太郎建築設計事務所

清水健太郎建築設計事務所

暮らしを優しく包み込むような、おおらかな家

所在地

香川県高松市川部町1866-4

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード