注文住宅

川越の住居

エリア:

埼玉県川越市

内容:

25坪ほどの小さな住居であるが、この家の中心には室名のない余剰の空間がある。
LDKや寝室、水廻りといった室とは別にそのような余白があることで、住居は大らかさを纏い、住まい手の生活の豊かさにつながると考えた。

photograph:Hiroaki Tanaka

photograph:Hiroaki Tanaka

photograph:Hiroaki Tanaka

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

平山教博

建築家 / @神奈川県

住まう人が手放したくなくなるような、そして周りの環境の一部となりえる永く在り続けることのできる空間を表現したいと考えています。