注文住宅

桂の家

実施エリア:

京都府京都市

内容:

市街地の限られた土地に建つ、4人家族のための住まいです。
特異な形態に思える木造キャンティ(片持ち)構造を採用することで、ガレージスペースと2階必要面積を合理的に確保しています。

掲載誌:建築家と建てた家
    美しい和モダン
    スタイリッシュ&モダンナチュラルな家

竣工:2008年

広間1(撮影:松村芳治)

壁面収納は部分的に引戸を設けて目隠しができる仕様。
ダイニングテーブルはタモ集成材「涙型」の造付け。椅子はハンス・J・ウェグナー「CH20」カール・ハンセン&サン

広間2(ロフトより)(撮影:松村芳治)

開放的なロフトから広間を見る。手前の椅子は秋岡芳夫氏デザイン「あぐらのかける男の椅子」

広間3(撮影:松村芳治)

広縁と広間は一体的空間、季節や気分により引戸で仕切ることができる。

畳室(寝室)(撮影:松村芳治)

へりなし畳床の寝室。開口部の内側には防犯格子戸を設けて通風に配慮。
左側の収納扉は藍色和紙貼り仕上げ。

ロフト(撮影:松村芳治)

格子床やL型通気窓のあるロフト。

広縁(撮影:松村芳治)

2階広縁の窓高さは低めに設定。右側はテラスに隣接。
ロフトへの梯子は常設。

外観1(撮影:松村芳治)

2階床はキャンティ(片持ち)構造。軒下空間は駐車場となる。

外観2(撮影:松村芳治)

ガルバリウム鋼板立平葺きの外壁はワインカラー鋼板。