注文住宅

片流れ屋根の家

面積:

110㎡

エリア:

東京都

内容:

南面が大きく開いている敷地です。斜線制限の関係で片流れの屋根を採用しました。庇が大きいので、風の対策の補強のため、鉄骨ブレースにより、強度を高めてあります。近年、地震対策は進んでいますが、風に対応した住宅は、少なくなっているのではないでしょうか?敷地が狭いので、大きな庇の家が少なくなっているからだと思います。しかし、庇は、日差しや、雨のコントロールをして、快適な生活には、なくてはならないものです。この家は、2013年から窓の防火基準が変更したものに対応しています。これからは、窓等のデザインには苦労しそうです。

南面が大きく開いている敷地です。斜線制限の関係で片流れの屋根を採用しました。庇が大きいので、風の対策の補強のため、鉄骨ブレースにより、強度を高めてあります。近年、地震対策は進んでいますが、風に対応した住宅は、少なくなっているのではないでしょうか?敷地が狭いので、大きな庇の家が少なくなっているからだと思います。しかし、庇は、日差しや、雨のコントロールをして、快適な生活には、なくてはならないものです。この家は、2013年から窓の防火基準が変更したものに対応しています。これからは、窓等のデザインには苦労しそうです。

南面が大きく開いている敷地です。斜線制限の関係で片流れの屋根を採用しました。庇が大きいので、風の対策の補強のため、鉄骨ブレースにより、強度を高めてあります。近年、地震対策は進んでいますが、風に対応した住宅は、少なくなっているのではないでしょうか?敷地が狭いので、大きな庇の家が少なくなっているからだと思います。しかし、庇は、日差しや、雨のコントロールをして、快適な生活には、なくてはならないものです。この家は、2013年から窓の防火基準が変更したものに対応しています。これからは、窓等のデザインには苦労しそうです。

この住宅事例を手掛けた建築家

桑原建築設計室

建築家 / @東京都

土地探しから、シンプルでローコストな住宅を設計しています。狭小住宅は特に力を入れています。

桑原建築設計室

建築家 / @東京都

桑原建築設計室さんの住宅事例