注文住宅

上高野の家

実施エリア:

京都府京都市

築年数:

2014年

内容:

1階広間と2階寝室を大きな吹抜でつなげた夫婦2人暮らしの住まいです。南面する開口部から季節に応じた日差しが入るように工夫しています。

掲載誌:美しい和モダン

竣工:2014年

キッチン(撮影:松村芳治)

人工大理石(デュポン)の天板とステンレスシンクを組み合わせた特注キッチン。
汚れの気になる幕板部分は無垢のタモ材を使用。

広間(撮影:松村芳治)

広間と2階寝室は吹抜に面し、全開放できる太鼓張り障子でゆるやかにつながる。

広間(撮影:松村芳治)

アイランドキッチンの背面は収納棚。全ての棚板は可動式なので、さまざまな使いかたができる。

寝室(撮影:松村芳治)

天井は屋根に合わせた勾配天井。
壁は土佐和紙壁紙、建具は全て、太鼓張り障子。

階段(撮影:松村芳治)

スチール鋼板の側桁と、床材と同じ無垢杉板の段板を使用したストリップ階段。

洗面(撮影:松村芳治)

メラミンカウンターと病院流しを組み合わせた洗面化粧台。

玄関(撮影:松村芳治)

玄関収納は吊り収納型。手摺や壁面のペグなどもタモ材の特注品。

外観(玄関)(撮影:松村芳治)

玄関庇やベランダの構造材は耐久性とメンテナンスに配慮し、亜鉛メッキドブ浸け素地仕上げ。
玄関扉は、門扉と同じ無垢のウエスタンレッドシーダー。

外観1(撮影:松村芳治)

間口いっぱいの4枚建て門扉はウエスタンレッドシーダー。
来訪者の気配がわかる縦スリット付。

河合健之

人は欲深いものです。人の生々しい欲望を「美しいカタチ」として見せることは設計者の大切な仕事だと考えています。 しかし、同時に美しいという意味もあらためて考える必要もあると思います。斬新で洗練された空間は魅力的で美しいけれど、下手に取り繕わない「生活に正直な家」の美しさもあります。 住まいに対する想いやさまざまなご要望、ライフスタイルをお聞かせいただき、共に考えながら、派手な造形を追わず、シンプルで美しい「生活に正直な家」をつくりたいと私は考えています。