戸建リフォーム・リノベーション

上目黒の家リノベーション

実施エリア:

東京都

延床面積:

142平米

内容:

築17年になる3階建ての建物のうち、2階玄関周りと3階フロア、さらに屋根裏部屋の3層に渡る範囲を改修して、夫婦+子供1人の家族の住まいとするスケルトンリフォームです。

 中目黒駅から徒歩6~7分というロケーションを気に入って建物を購入したものの、以前に事務所利用されていたこともあって不可解な間取りとなっていた内部について、構造体と階段やPSなどの一部を残してほとんど解体し、給排水竪管の位置を頼りに、間取りを大幅に変更しました。

 お酒を飲みながら料理をつまむのが好きという夫妻のためにキッチンと連続した一体型ダイニングを提案。
 また唯一のバルコニーに面する屋根裏部屋に浴室と脱衣・洗濯室を設置。
 これらを無理なくつなぎつつ、パブリックとプライベートの切り替えを明確に分けて全体をプランニングしています。

 自分達の思い描くものを自由に盛り込める新築の計画と違い既存建物の制約が多くある中で、建物が元々持っているポテンシャルを最大限に生かしながら、なおかつ自分達の暮らし方に合う設えを備えることで、愛着の持てる「住まい」となることを目指しました。

LDK

広々とした一室空間のLDKであるが、天井や壁に変化をつけてエリアを緩やかに区切っている。
左奥のピンク色の壁の向こうが主寝室。右端の廊下には食品庫があり、奥へ進むとW.I.Cと洗面室に繋がる。赤いタイルの飾り棚は既存鉄骨柱を巻き込んで、裏側のガスコンロ部分の目隠しになっている。

一体型ダイニングキッチン

食事やティータイムなどで、娘さんとご夫妻とが一緒に過ごせるように、ダイニングテーブルとキッチンが一体となった空間をご提案。キッチンからはダイニングはもちろん、リビングまで一望できるよう空間の要の位置にキッチンを配置。
壁の仕上等で空間を緩やかに仕切っている。

主寝室

和装の趣味をお持ちの奥様の為に、着付けなどで使えるたたみスペースを併設。和のテイストを取り入れて、たたみ・漆喰壁・タモフローリングなどの素材感を生かした空間としました。

裏動線

主寝室から水周りに抜ける第二の廊下。
正面には主寝室に通じる扉。手前が洗面室。途中の左側がウォークインクローゼット。
既存窓を生かして北側でも明るいスペースに。

洗面室

2ボウルの広々とした洗面室。三面鏡の裏は小物の収納場所。家族しか入らない場所にあるため間仕切壁は最小限にして開放的に。床は水に強く足触りの良いビニール織物床材。

浴室

この建物で唯一のバルコニーを持つ屋根裏部屋に、開放感のある浴室を造りました。また脱衣室に洗濯機置き場を併設して実用的にもバルコニーを使えます。地震時に動きの大きい鉄骨造であることと屋根裏の天井形状を考えて、ハーフユニットバスを採用。上部は温かみのあるヒノキ板貼りとしました。