写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

花火が見える家。スリットと傾きがつくる豊かな空間。

岐阜と愛知の県境となる木曽川が近くを流れる丘陵地に建つ住宅。その対岸には国宝の犬山城、如庵、そして明治村などで知られる犬山があり、木曽川で行われる花火はこの地域の夏の風物詩となっている。設計初期の段階からクライアントの要望のひとつに、「木曽川の花火を家から見たい」というものがあった。そこで一列に並んで花火を眺められるよう、シンプルな片流れ屋根にスリットを入れ、花火観賞のための桟敷をつくった。そしてこの年に一度のハレの日のためにつくられた桟敷は、日常においては光が差し込み、風が吹き抜ける気持ちの良い内部空間をつくり出している。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

森清敏/川村奈津子

株式会社MDS

森清敏/川村奈津子

対応業務

注文住宅、リノベーション

所在地

東京都港区南青山5-4-35 ♯907

対応エリア

埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

森清敏/川村奈津子さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

森清敏/川村奈津子

建築家 / @東京都