注文住宅

ボックス×3

面積:

110㎡

費用:

2400万円

築年数:

4年

エリア:

栃木県

内容:

クライアントさんからの要望は
「仕事の関係で家族同士生活時間帯がずれる事があるので
 その事に配慮して欲しい」と言うものでした。

具体的には、寝室・ダイニングキッチン・リビングそれぞれの機能に対応した3つの箱を用意し、それぞれの機能の繋がりと距離感を意識しながらプランを進めました。

リビングとダイニングキッチンは機能的に繋がる様に、寝室は生活空間の音を出来るだけ遠ざける位置に配置しています。

また、ダイニングキッチンは、プラン上北側にしか窓が取れず
昼間でも薄暗くなる事が懸念されたため、2階の廊下の床をFRPグレーチングとする事で、2階南側からの明かりを1階まで取込める様に考えています。

2階廊下。
床の白い部分が1階に光を落とすFRPグレーチング。
雨の日には、洗濯物干場になります。

1帖分の大きさのトイレ。
正面の壁の色を暗くする事で、奥行き感を演出し
狭さを感じにくい空間にしています。
また、手洗い器を壁に埋め込む事で、出入りに邪魔にならない様
考えました。

窓はハイサイドライトにし、壁の色を一部ダーク系のものにする事で、落ち着きある空間になっています。

ダイニングキッチン。
右奥に見えるのがリビング。

ダイニングキッチンから2階への階段を見る。
天井には、上部からの光を落とすFRPグレーチングの床が見える。

リビングからダイニングキッチンを望む。
それぞれの機能が独立しつつ、適度に繋がった配置。

リビングの一面には造り付け収納を設置

道路側の外観。
アプローチには地元産の「芦野石」を使用

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

渡邉 清

建築家 / @栃木県

『コト』をデザインする わたしたちはデザインとは、単なる「モノ」や「タテモノ」を作る事では無いと考えています。 デザインとは、人々の中に起こる様々な『コト』を創造し、演出する事だと考えています。 『コト』とは人の暮らしそのものです。 人の中に起こる様々な『コト』がより豊かに、より楽しくなる様プロデュースしていくのがわたしたちの役割です。

渡邉 清

建築家 / @栃木県

この専門家のプロジェクト一覧