戸建リフォーム・リノベーション

下鴨の家

費用:

3000万円

築年数:

60年

エリア:

京都府京都市

実施時期:

2014年5月竣工

内容:

築60年を過ぎた木造住宅の改修
過去に2度の増改築工事のあり、この古家 にとって3回目の大規模な改修を行いました。
解体される事が多い古い住宅も、適切に手を加えることで、長く住まいつづけることができることを再確認できたプロジェクトです。

無垢の木から削りだした手すりを作りました。
しっとりとして重厚感があり、長く使うことで味わいが出て経年を楽しめる手すりです。

ロフトを備えた書斎をつくりました。
既存の天井を取り、古い梁を表した空間が圧巻です。
床を下げて十分な天井高さを確保しています。
本棚と机は造り付けです。
京から紙の襖や京都の古建具と合わせて落ち着きのある書斎になっています。

大きなウォークインクローゼットを備えた畳の寝室です。

既存の床の間の良さをそのままに、柱や造作は磨き、再塗装を行いました。
床板には名栗の板を用いて、壁は左官で仕上げています。
地袋の襖は手すきの京から紙を使用しています。

相波幸治

シンプルで居心地の良い和の空間をご提案します。 不動産仲介も可能なので、土地探し、物件探しからからご相談にのります。 お気軽にお問ああせください。