注文住宅

ゆるまる家

面積:

102㎡

エリア:

群馬県藤岡市

実施時期:

2013年10月

内容:

家に帰り、着替えを済ませ、畳に座る。その瞬間素の自分に帰る。
家にとって大切な要素はいくつかありますが、根本的なシェルターとしての役割と同じくらいに「自分に帰る」ことは大切な機能だと思います。
自分に帰る=ゆるまる。格好つけ過ぎないことも住宅においては大切なことです。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

米田横堀建築研究所

建築家 / @群馬県

わたしたちは建築主の依頼に基づき、建築の企画から設計、監理、維持管理など全工程にわたり、助言者または代理者として関わっていきます。 蓄積された技術、感性、最新の情報、社会に対する見識を駆使し 建築のへの提案をいたします。 設計・監理は「ことづくり」、施工を「ものづくり」と位置づけます。建築主の思いを取りまとめた「ことづくり」の設計図書をきちんと「ものづくり」の施工者に伝達し、完成させる責任を果たします。

米田横堀建築研究所

建築家 / @群馬県

この専門家のプロジェクト一覧