注文住宅

愛知の石場建て

種別

所在地

愛知県一宮市

「石場建ての家」
石の上に立つ木と土の家。ボルト・金物や筋交いを一切使わず、職人の手仕事で作る「伝統工法の家」です。
本物の素材で作る家は、住む人にやさしく、永く暮らせ、最後には自然に帰ります。

2間続きの和室、奥に縁側。

土と木、本物の自然の素材。

南に縁側、内部は建具で緩やかに間仕切り。

この住宅事例を手掛けた建築家

水野 友洋

建築家 / @岐阜県

木組み 土壁 石場建ての家を手掛けています。 素材と謙虚に向き合い、永く愛される建築を目指しています。 【好きな家作り】 天然乾燥の木材・・・「桧・杉・松」など住んでいる地域で育った木を使う事。 木組みの構造・・・プレカットではなく、大工さんが一本一本手で刻む事。 差鴨居と貫・・・金物をで固めず、木のめり込みを生かしたしなやかな構造。 現しの土壁・・・壁はボード下地ではなく、土と藁からなる素材で作る事。 石場建て・・・基礎を立ち上げず、床下に風と光を通す事。

水野 友洋さんの住宅事例

水野 友洋さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード