戸建リノベーション・リフォーム

DIYを愉しむワークスペースのある戸建てリフォーム

面積:

82㎡

費用:

700万円

築年数:

34年

エリア:

兵庫県川辺郡猪名川町

実施時期:

2015年10月~2015年12月

内容:

自然豊かな住宅地に建つ、築32年の戸建て住宅をリノベーション。

個室が必要な時期を終え、細かく区切られていた間仕切壁と撤去し 、みんなで過ごせる大きな空間を新たに構成。

一階は全面を杉フローリング張りとし、段差の 無いバリアフリーの空間に。空間が分かれてい た水回りの動線を繋ぎ、動きやすい”廻れる” 動線を提案。また、二階はコストを抑える為、 ラワン合板を加工したフローリングに。

壁及び天井の仕上げは、施主さんによるペンキ DIY塗装。マットな質感の仕上がりは、床や壁の 杉材との相性が良く、すっきりとした印象の中に 温もりが感じられる住空間となりました。

■工事時期:2015年10月~2015年12月

■構造:鉄骨ラーメン構造

■建築/面積:1983年築/82.5㎡

□木に包まれたワークスペース空間□

一階は趣味の木工作業空間として利用。
大工さん造作の頑丈な作業台を中心にし仲間や家族、みんなで作業が出来る空間に。

□杉羽目板の壁を設け、イメージを刷新□

これまでの住戸のイメージを刷新し、木の住空間のアクセントとして壁一面を杉の羽目板仕上げに。既存窓には引込み障子を計画。

□大きな開口を確保する両引込み戸□

玄関ホールとLDK空間を仕切る建具は、開放感のあるトーメイガラス落とし込みの引込み戸を提案。

□間仕切壁を取り払い大きな作業も出来る空間に□

細かく区切られていた1階の間仕切を取り払い、大きなワンルーム空間に。
大きな空間は作業スペース、家族が集う場所として。

□施主さんがつくり上げる造作キッチン□

造作キッチンは最低限のつくりとして、収納等は施主さんが時間を掛けて作り込む計画。

対面のカウンター収納は、上部がカトラリー収納、下部が小上がり畳の収納スペースとして利用。

□水回りは”廻れる動線”を計画□

リフォーム前は行き来が出来なかった洗面⇔キッチンの動線を新たに計画。
南北の通風経路を確保する事で、湿気や熱の籠りを改善。

□在来工法の浴室につくり変え□

既設のユニットバスはメーカーのオリジナルサイズで取替が難しく、在来工法(FRP防水)の浴室に。

既存の天窓を活かしつつ、白タイル張りの明るく清潔感のある浴室空間に。

□引込み戸を用い、凹凸のない空間となるように意識□

玄関ホールや廊下、洗面脱衣室等の面積が限られた空間は、壁面に凹凸が出ないように意識する事で、すっきりとした印象に。

取り合う箇所が多い中で”引戸”や”引込み戸”を上手く設計することが重要なポイント。

□ラワン合板フローリングとした多目的空間□

二階は改修コストを抑える為、ラワン合板を加工しフローリングのように造作。
濃い色合いに仕上がり、落ち着いた空間に。

□ラワン材の落ち着いた色合いの建具□

ラワンの床材に合わせて、建具も同じラワン材に。
壁や天井に塗った白ペンキのマットな質感との相性も良し。

□一体的になるホール空間□

二階ホールと多目的室を仕切る建具の収納スペースを確保し、開け時にはホールと一体的な使い方が出来るように計画。

この住宅事例を手掛けた建築家

池田 郁夫

建築家 / @兵庫県

皆さん、こんにちは。 i think(アイシンク)建築設計事務所です。 弊所は兵庫県川辺郡猪名川町に事務所を構えて、 大阪・京都・奈良・滋賀・和歌山の近畿地方を 中心にし、無垢の木や自然素材を使った住まい のリフォーム・リノベーションをご提案しています。 (遠方でも対応させて頂きますので、ご相談ください) 特にマンション住戸の全面リノベーションの経験が多く、 無機質なコンクリート空間を温かみがあり居心地の良い 住空間へと再構築する設計監理を得意としています。 「どんな改修が可能なのか?必要なのか?」 リフォーム・リノベーションを前提とした場合、 これが分からないと中古物件の購入のハードルが 下がる事はありません。 弊所では中古物件の改修アドバイス(場合によっては 見学同行)も行なっていますので、お悩みの事ござい ましたらお気軽にご相談くださいませ。

池田 郁夫さんの住宅事例

池田 郁夫さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード