駅前通りの家 (外観夕景)

外観夕景

落ち着いたトーンの左官仕上げによる外観

駅前通りの家 (リビング)

リビング

壁一面のTV用の造作家具を見る 間接照明によるライティングと、高さを抑えた事により落ち着いた印象としている

駅前通りの家 (リビング)

リビング

繊細な手摺の螺旋階段

駅前通りの家 (リビングからアイランドキッチン、ダイニングを見る)

リビングからアイランドキッチン、ダイニングを見る

モノトーンに整えられたLDK シャンデリア、ペンダントライト等お施主様の個性がアクセントになっている。

駅前通りの家 (リビング)

リビング

シャンデリアの映えるモダンな印象

駅前通りの家 (リビング)

リビング

開放的な吹抜け勾配天井

駅前通りの家 (3Fからリビングを見下ろす)

3Fからリビングを見下ろす

床仕上げはランダム自然石張り

駅前通りの家 (リビングと多目的スペース)

リビングと多目的スペース

空間は一体だが手摺で区切られている

駅前通りの家 (多目的スペースとなるロフト)

多目的スペースとなるロフト

リビングとつながった多目的スペース

駅前通りの家 (ダイニングからキッチンを見る)

ダイニングからキッチンを見る

3階温室の緑が柔らかな印象を与える

駅前通りの家 (曲線の壁が印象的なダイニング)

曲線の壁が印象的なダイニング

駅前通りの家 (部屋の中央にあるキッチン)

部屋の中央にあるキッチン

駅前通りの家 (キッチン)

キッチン

鏡面仕上げの壁面収納 光沢のあるデザインタイルをアクセントとしている

駅前通りの家 (光を取り込む温室)

光を取り込む温室

駅前通りの家 (地下室のオフィス)

地下室のオフィス

駅前通りの家 (洗面室)

洗面室

タイルパターン、鏡、洗面ボウル等ブルーのアクセントをあしらった洗面室 蓄熱床暖房を採用しているため、冬でも暖かく過ごす事が出来る

駅前通りの家 (バスコートを臨む浴室)

バスコートを臨む浴室

駅前通りの家 (琉球畳の和室)

琉球畳の和室

駅前通りの家 (シックな色合いの寝室)

シックな色合いの寝室

駅前通りの家 (繊細な手摺の螺旋階段)

繊細な手摺の螺旋階段

駅前通りの家 (ロートアイアン手摺の階段)

ロートアイアン手摺の階段

駅前通りの家 (玄関アプローチ)

玄関アプローチ

アッパーライトにてライトアップされたコンクリート打ち放し杉板型枠仕上の壁

駅前通りの家 (オフィスに直接出入りできるガレージ)

オフィスに直接出入りできるガレージ

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

所在地

東京都

延床面積

222㎡

「商業系地域」から「低層住居地域」へと用途地域が変化する駅前通り。
その並びにある計画地は、「用途地域境に立地する事」、「道路から一段高い地形」により、周りの建物と比べるとのびやかな佇まいで個性を主張しています。
建物の外形は、大容量の太陽光発電パネルを搭載する為に南側から北側にせり上がる「片流れの大屋根」、高度斜線や計画道路のセットバックラインなどを下敷きに、内部空間との取合いのスタディーを繰り返して形を導き出しました。
また、住宅が密集した地域でも自然光の入る良好な環境を維持するため、建設前に隣家の窓位置を全て計測して各フロアで視線のバッティングを微妙に避けながらコンパクトにプライバシーを確保したり、遠くに抜ける眺望の広がりを求めています。外部への視線や景色を切り取るための縦長の開口やドーマー窓などを配置して、通りに面した生活空間に表情を与えようとも試みました。

趣味の野菜作りのための温室、展望スペース、オーディオ鑑賞、ガレージ、仕事場など、「生活を楽しむ事」がテーマとなった夫婦のための住宅であり、内部はその大きなボリュームを切り分けながら、基本的な生活空間と温室や展望の場、仕事場が繋がっています。
幾度の操作により現れた「様々な方向への抜け」は、ダイニングから見上げると温室の緑越しにさらに空へと続いていたり、リビングからは上部の展望窓の開放感を感じられたりと、ゆとりを生みだしています。
また、内外の設えは現代的なデザインの中にクラシカルな雰囲気を融合させる事を試行しています。洋服で言うならば襟や袖口のレースやステッチなど、ちょっとした装飾をあれこれと思案するような事。主題ではない些細な部分が、いつの間にか空間全体の印象をつくりだすことも考察しています。

設備面では、都心部での大規模災害に対する備えも考慮、「9.73kwの大容量の太陽光発電パネル」「蓄電池」を採用する事により出来る限り自給可能な「オール電化」としています。
「電気式蓄熱床暖房」、「エコキュート」、「電気使用を可視化するためのHEMS」、「電気自動車用コンセント」等太陽光発電システムを最大限生かし、普段は余剰電力は「売電」、不足電力のみを「買電」し出来る限りエネルギー供給に頼らない計画としています。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

川久保智康建築設計事務所

川久保智康建築設計事務所

洗練された空間と快適な環境を両立する家を提案します!

所在地

東京都千代田区飯田橋2-4-10加島ビル3F

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

川久保智康建築設計事務所さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード