二世帯住宅

『牛島の二世帯住宅2 』2階をワンルームとする大胆なプラン

エリア:

秋田県

内容:

クライアントから持ち込まれた土地は台形で容積制限の厳しい土地。

床はパインの無垢材。生色なのはワックスを重ねる事でエイジングされる事をクライアント自身が望んだ為。
住み始めにピークを持ってこない家との付き合い方の表れ。
キッチンバックは黒板塗装。家族の連絡簿を兼ねる。(Photo:GEN INOUE)

階段を挟んだ動線上からリビング群を眺める。連窓が空間をひとまとめにしている。(Photo:GEN INOUE)

2階は和室と脱衣、トイレ、クローゼット以外を閉じる建具は存在しない。計画上生じる裏面を利用して各部屋が仕切られているだけなのである。
開放感と家族の一体感を求めたとはいえ、ここまでアバンギャルドな選択をしたクライアントに敬意を表する。(Photo:GEN INOUE)

1階は親世帯、祖母も暮らすため、厳密には4世代が暮らす家。
敷地の制約とコストリダクションを求められた結果としてミニマルで機能性を重視した間取りとなっている。

1、2階の年齢差を考慮し照明計画の手法をまったく異なったコンセプトで構築している。(Photo:GEN INOUE)

子供エリア。キッチンゾーンの壁のみで仕切られている。将来的に子供が大きくなった時に建具や間仕切りを入れようと言う趣旨。(Photo:GEN INOUE)

居室としては唯一区画され、2階床からも50センチ持ち上げられた客間。普段は家族の寝室として機能している。(Photo:GEN INOUE)

二階に上がると脱衣・ランドリーから追い出した手洗いが真正面に位置する。モザイクタイル張の厚みのある洗面カウンターと壁面一杯に設えた鏡が機能の持つ生活感を払拭している。
使い勝手と見た目を重視したパウダーコーナー。(Photo:GEN INOUE)

秋田市牛島地区に立つ二世帯住宅。台形の土地にボリュームを創り、駐車場空間とバルコニーを切り取ると言うシンプルなプロポーションを持つ。
二階の黒いボリュームの浮遊感が美しい。(Photo:GEN INOUE)

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

花田 順+花田 直子

建築家 / @秋田県

環境共生と生活の両立は常にテーマになります。 周囲の環境を感じながら如何に楽しく生活出来る空間創りが出来るのかを考えるのが好きです。 特に北国ではどのように快適状態を保ちつつ、外部との関わりを持たせる生活を開放していくのかを重要な部分考えています。