注文住宅

I-HOUSE

面積:

120㎡

費用:

3800万円

エリア:

神奈川県川崎市

実施時期:

2003

内容:

前面道路側を閉じることで、プライバシーを保持し、騒音を軽減しています。

敷地の中央に中庭を設けることで、各室の採光や通風を取っています。

玄関を含めすべて段差無しのバリアフリー。廊下や階段など、日常的に移動する部分にはすべて手摺りを設けています。2階へは住宅用エレベーターで移動します。

駐車スペースは、2台分取ってあり、車椅子での乗り降りに十分なスペースを確保しています。

各室は、すべて自然素材を使用しています。床は無垢のフローリング、壁は通気性のある紙、天井も無垢の杉板です。調湿効果があり、夏冬はもちろん四季を通して快適な環境を実現しています。

床下を利用した冷暖房システムを採用し、体にやさしい室内環境となっています。

1階は鉄筋コンクリートで耐震性を高くし、2階は木造パネル構造を採用しています。コンクリート打ち放しの質感に合わせて、透明ガラスを外壁の仕上げ材として使用し、空気層を設けたダブルスキン(2重構造)とすることで断熱性を向上させています。

外観
コンクリート打ち放しとガラススクリーンによるダブルスキン

コンクリート打ち放しとダブルスキン

スロープ状の玄関へのアプローチ
手前は2台分のカーポート
奥に中庭

玄関ホールから中庭を見る

キッチンからリビングダイニングをみる
中庭に繋がる大きな窓を設けています。
床と天井は無垢材
壁は紙張りとして、ナチュラルで暖かみのある部屋になっています。
床冷暖房で快適な室内になっています。

リビングに繋がる外部テラス

ブラインドを下ろしたリビング
ハンターダグラスのシルエット
淡い光がリビングを包み込んでいます。

ダイニングとオープンキッチン

2階の廊下
奥に書斎

無垢材で製作したカウンターと書棚

両側に手摺りを設けた階段

玄関ホールと階段
右手前はホームエレベーター

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

長井義紀

建築家 / @千葉県

私が考える建築について -住まいづくりをとおして- この地球に存在する私たちは 皮膜のような薄い大気に守られ呼吸することで その生命を維持することができます 時と共に移ろいゆくことが宇宙の摂理であり 誰もさからうことはできません 私たちの暮らしも時と共に変化し 住まいもまた変化していきます 利便性だけではなく 暮らしの中に気持ちの豊かさや 心地よさを感じる家 時と共に深まる素材感や 住まうほどに愛着がわいてくるような家 そんな家を 楽しみながらつくっていきたいと考えています