注文住宅

アトリエのある家

面積:

61㎡

築年数:

0年

エリア:

東京都

実施時期:

2015年~2017年

内容:

ご夫婦お二人のための新築住宅です。
1階には絵画制作や展示のためのアトリエがあり、2階のLDKから寝室まで続くオープンな書棚には、夫婦の蔵書や洋裁で使われる布地などが並べられます。
クリエイティブなご夫婦がそれぞれの時間を過ごしながら生活を共有する住宅です。1階2階とも、3mを超える天井高さの空間で構成され、実際の床面積以上のゆとりを感じることができます。

商店街から一歩はいったところがアトリエです。
スチールドアは製作品です。

3.4mの天井高さを活かし、流しを設けた収納の上部もロフト収納として利用。

収納スペースからアトリエをみる

アトリエを抜けると、靴を脱ぐ玄関スペースがあります。

玄関を入り、階段脇が洗面室です。
洗面室を区切る壁は天井までにせず、ゆとりを感じられるように工夫しています。
洗面カウンターは、フレキシブルボードというセメント色の素材で作られています。

床は無垢のパイン材です。クライアントご一家でオイル着色されました。
天井高さは3.2mあります。寝室から続く足場板のオープン棚の迫力と、キッチンに下がる裸電球、同じく裸電球を使ったダイニングの照明器具がとても雰囲気のある空間を作り出しています。

棚は、蔵書の書棚であり、TV台であり、布などの収納棚でもあります。

足場板の棚のディテール。

造作キッチン。ステンレスの天板、手元隠しの立ち上がりには、食器洗いのビニル手袋やこまごまとしたものが下げられるバーを取り付けています。

屋上テラスへの階段の途中からLDKを見る

LDKから階段を挟んで寝室。寝室の上部は小屋裏収納です。

LDKと寝室の間のスチール階段で屋上テラスに出ます。

通りに面した北側外観。

この住宅事例を手掛けた建築家

石井井上建築事務所

建築家 / @東京都

東京小石川で都市型住宅を中心に設計をしています。 都市部で住宅を建てるには、コンパクトな敷地、防火地域、など都市部ならではのむずかしさがあります。私たちは、都市部での新築戸建てを多く設計した経験を活かして、「都市部に自分らしい家を持ちたい!」というお気持ちに答えます。木造はもとより、鉄骨造、RC造にも精通しており、物件ごとに最適な構造形式で設計します。 キッチンや洗面カウンターなども私たちがデザインします。見た目も使い勝手も納得のいく、こだわりの空間作りを体験しませんか。

石井井上建築事務所さんの住宅事例

石井井上建築事務所さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード