注文住宅

階段が庭と居場所をつなぐ狭小住宅

階段が庭と居場所をつなぐ狭小住宅 (竹林の中庭)

竹林の中庭

都市の狭小住宅です。中庭の面積は僅かですが、そこに布袋竹を植えました。上空から降り注ぐひかりが、鎧張りされた黒いレッドシダーの外壁を浮き彫りにし、竹のシルエットを映し出します。 ミクロコスモスと化した都会の自然を表現しました。

階段が庭と居場所をつなぐ狭小住宅 (竹林に挟まれたガラス張りのダイニング)

竹林に挟まれたガラス張りのダイニング

両側をガラス張りとした開放感のあるダイニングです。両側に広がる中庭には布袋竹が植えられ、まるで竹林の中にいるような開放感がありますが、ここは僅か2畳しかありません。ダイニングテーブルもacaaのデザインです。

階段が庭と居場所をつなぐ狭小住宅 (階段状の居場所を見下ろす)

階段状の居場所を見下ろす

家全体を貫く階段状の居場所をロフトから見下ろしています。それぞれの踊り場に該当する場所から、中庭に向けてガラス張りの居場所が張り出しています。一番奥がソファーの間、中間がテーブルの間、そして一番手前にはロフトがあります。吹き抜けに面した大きな壁は壁面収納となっています。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

所在地

東京都目黒区

費用

設計・施工:3300万円

延床面積

71㎡

目黒の過密地帯に建つ狭小住宅です。僅かな敷地のおよそ半分は中庭で、残りに大きな階段をつくりました。階段の踊り場には複数のガラス張りの居場所が、まるで中庭に突き出す様にして在り、そこに入るとガラス越しに竹林の中に居るような錯覚を覚えます。中庭と屋内を隔てる一枚の大きな壁は、厚みを持たせて全面が壁面収納となっています。とてもコンパクトですが、多様な居場所を発見出来る家です。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

acaa

acaa

家を坪数や部屋数という物差しで計ることは止めた方がいいのではないでしょうか。なぜならば、それは量産住宅にとって設計の手間を省き、建設コストを抑える都合のよいツールであるだけでなく、日本の風土に根ざした住空間の在り方を否定することになるからです。広がりと籠もり感、明るさと陰影が共存する居場所に心地よさを見出してほしいのです。

所在地

神奈川県横浜市中区石川町2-78-10-4F

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

acaaさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

acaa

建築家 / @神奈川県