注文住宅

Y邸(専用住宅)

実施エリア:

東京都

内容:

ネオマフォームによる外断熱仕様を採用し、内装仕上げを躯体表し表現としている。
 軸組にはドリフトピン金物工法を採用し、羽子板プレートや筋交い金物を隠蔽。
 (躯体表しに適した工法であるが、仕口形状により金物が対応が出来ない部分も有る)
 構造用合板ー耐力壁が基本であるドリフトピン工法は、大きな一体空間に袖壁が出てくるため不向き?。
 しかし、今回は空間の一体感を考慮し筋交い型ー耐力壁を併用している。
 SE工法(木軸ラーメン工法)を採用すれば、ブレースの存在も消すことが可能となったであろう。
 壁仕上げは構造合板(OSB合板表し仕上げ)
 柱・梁は集成材表し仕上げ

寝室

寝室の壁はOSB仕上げではなく、クロス仕上げとなっている。

外観

2階にリビングを配置、南面上方から採光確保するべく円弧屋根(屋窓)を持ち上げている。
 法規的には、地下1階+地上2階+ロフト扱いのため、準耐火不要となっている。
 左側の隣家は南側からの採光確保を期待していないプラン(隣家が建つ事を想定)
 それに対し、南側ー隣地境界迄の離れを少しでは有るが約2m確保し採光確保。
 (南側隣家は北側斜線があるため、高い建物は建てられない為)

リビングダイニング

造材の素材感・OSB壁の素材感が強いため、照明器具・カリビアンファン・
 ロフトタラップ・手摺・カーテン類などは素材感の有るものを採用しバランスを確保。
 キッチン腰壁・キッチン背面収納もOSB合板仕上げとしている。

リビングダイニング

隣家の建設で下階の採光が塞がる可能性を考慮して、ハイサイドライトからの採光としている。

リビングダイニング

ネオマフォームによる外断熱仕様を採用し、内装仕上げを躯体表し表現としている。
 軸組にはドリフトピン金物工法を採用し、羽子板プレートや筋交い金物を隠蔽。
(躯体表しに適した工法であるが、仕口形状により金物が対応が出来ない部分も有る)
 構造用合板ー耐力壁が基本であるドリフトピン工法は、大きな一体空間に袖壁が出てくるため不向き?。
 しかし、今回は空間の一体感を考慮し筋交い型ー耐力壁を併用している。
 SE工法(木軸ラーメン工法)を採用すれば、ブレースの存在も消すことが可能となったであろう。
 壁仕上げは構造合板(OSB合板表し仕上げ)
 柱・梁は集成材表し仕上げ