注文住宅

彦根の家

種別

面積

210㎡

所在地

滋賀県彦根市

彦根城南東の護国神社を臨み、県道と市道に短辺で接する縦長の敷地に、”静かな生活”が求められました。両隣の建物が立て込んだ環境の中、隣地境界側に沿って外壁を配置し、その内部に大小の建物ボリュームと中庭が交互に連続する空間構成としました。
2つの空間が交互に連続する事で、縦長の敷地の奥行き感が強調されると同時に、喧騒も徐々に減衰され、静かな空間が得られました。またそれぞれの空間を繋ぐ、奥行き方向に貫通する”路地”は、時にリビングと一体となり空間を拡張し、時に路地自身が幅を広げ中庭との関係性を深めるなど、単なる通過動線を超えた空間体験をもたらしています。

中庭からのライトアップで竹の軒先に植栽の影が映し出され、街に神秘的な明るさを醸し出す

この住宅事例を手掛けた建築家

Kumi Inoue

建築家 / @大阪府

日頃から住宅は<買うモノ>ではなく、 <創るモノ>だと言ってきました。 住まい手それぞれに生活スタイルがあり、 家族があり、 夢があるからです。 自分たちがおそらく一生住むであろう 住まいにこだわって欲しいからです。 それを形にするのが建築家の仕事だと思います。 いわゆる<作品>と呼ばれる建築家の ひとりよがりのものではなく、 住まい手と一緒になって 創り上げた住まいこそが理想であると信じて、 日々施主との対話を続けています。

Kumi Inoueさんの住宅事例

Kumi Inoueさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード