マンションリノベーション・リフォーム

引き込み障子と小上がり畳の可変性を持たせたリノベーション

面積:

82㎡

費用:

1400万円

築年数:

25年

エリア:

兵庫県加古郡播磨町

実施時期:

2015年1月~2015年4月

内容:

住戸の全面に30ミリ厚の奈良県産材杉フローリングを施工。

高性能の乾式二重床を用いる事で下階への遮音性能を確保し、リフォーム需要の多い共同住宅での無垢フローリング材の利用を可能にしました。

空間のアクセントに広葉樹(チェリー・栗)を用いる事で、杉材の温かみを一層感じられるように。

また、玄関・廊下の小さな空間の天井を杉羽目板で仕上げる事で軽快さ、視線の抜けを感じられるように仕上げの選定を進めました。

また、通風・生活動線をプランの中心にし、引込み戸・可動式の家具を設ける事で、家族の変化に合うフレキシブルな間取りをご提案・実現する事が出来ました。

庇の出たバルコニーには杉のウッドデッキを設ける事で、室内の延長としていろいろな使い方が出来るようになります。

■工事時期:2015年1月~2015年4月

■構造:RCラーメン構造 

■建築/面積:1992年築/82.5㎡

■家族構成:ご夫婦+子ども(一人)

□壁に収納される三枚の引き込み障子□

壁の中に収納出来る”引き込み戸”を設え、開け閉めする事で空間を間仕切れるように。

障子は従来の和紙ではなく、和紙調のパネルを用いる事でメンテナンス性(掃除や破れ)に配慮。

□ワンルームとなるLDK+αの空間□

”引き込み戸”を収納すると、南側面に設けた+αの空間と一体的な空間に。
+αの空間は家族構成の変化に合わせ、多用な使い方を提案。

□壁面に設けた本棚と110cm角の小上がり畳□

壁面にはめ込んだ本棚は固定せず、床に置けば空間を柔らかく仕切る”衝立”としても。

□キッチン+カウンター収納は大工造作□

キッチンは対面カウンター式とし、カウンター収納と合わせて造作する事でダイニングやリビング回りの収納を確保。

□日差しが差し込む心地よい南側空間は、団欒の場所□

既設の躯体インサートを用いて、南側の空間にハンモックを吊れるように計画。
遊びココロのある愉しい団欒空間に。

□間接照明を計画し、小梁の存在感を消す□

間接照明と小梁を合わせて計画する事で、天井面の凹凸を無くしすっきりとした印象の空間に。

□110cm角の小上がり畳□

小上がりは110cm角のサイズ。
二つ並べればベッド、四つ並べればダイニングや団欒スペースとしても。

□造作キッチンとカウンター式の背面収納□

造作キッチンの背面には、カウンター式のキッチン収納を計画。
吊り戸を設けない事で圧迫感の無いキッチン空間に。

□さわら材+ハーフユニットを用いた木の浴室□

浴室と洗面脱衣室の間仕切をトーメイガラスとする事で、陽射しを取り込むと同時に開放感のある水回り空間となるように計画。

□杉羽目板で仕上げた玄関天井□

床と天井の張り方向を空間の長手に揃え、小さな空間であるからこそ”住戸の奥行き”が感じられるように工夫。

この住宅事例を手掛けた建築家

池田 郁夫

建築家 / @兵庫県

皆さん、こんにちは。 i think(アイシンク)建築設計事務所です。 弊所は兵庫県川辺郡猪名川町に事務所を構えて、 大阪・京都・奈良・滋賀・和歌山の近畿地方を 中心にし、無垢の木や自然素材を使った住まい のリフォーム・リノベーションをご提案しています。 (遠方でも対応させて頂きますので、ご相談ください) 特にマンション住戸の全面リノベーションの経験が多く、 無機質なコンクリート空間を温かみがあり居心地の良い 住空間へと再構築する設計監理を得意としています。 「どんな改修が可能なのか?必要なのか?」 リフォーム・リノベーションを前提とした場合、 これが分からないと中古物件の購入のハードルが 下がる事はありません。 弊所では中古物件の改修アドバイス(場合によっては 見学同行)も行なっていますので、お悩みの事ござい ましたらお気軽にご相談くださいませ。

池田 郁夫

建築家 / @兵庫県

池田 郁夫さんの住宅事例

池田 郁夫さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード