注文住宅

華門楽家

エリア:

東京都

実施時期:

2005年

内容:

武蔵野の17坪の敷地に建つ家。井の頭公園や玉川上水といった武蔵野を象徴する緑が近くに存在し、柔らかい生活のリズムが流れる周辺環境である。

家族構成はともに30代の夫婦二人と猫2匹。

設計当初から施主が強くキーワードとして出していたのは中国、四合院の門。 この中国建築様式にある門によって、住空間の持つヒエラルキーを表現するよう心がけた。

多数の門の要素を持った仕掛けを意図的に設け、それらと空間のプライバシーをリンクさせる。 住宅内での動線の中にモデュール感を持たせることにより、生活のリズムも躍動的になり、喜怒哀楽ある生活、空間となるよう試みた。

猫たちのためのキャットウォークのある階段

この住宅事例を手掛けた建築家

筒井紀博

建築家 / @東京都

その家族、その土地、その時に存在する必然性のある住宅となるよう心がけています。また、住宅では40年、50年と生活します。新築の時が一番美しく、時とともに廃れていくような建築ではなく、人と共に素敵に歳をとる住宅であることが大切だと考えます。笑い皺のたくさんあるご老人達のような住宅が理想ですね。

筒井紀博

建築家 / @東京都

筒井紀博さんの住宅事例