注文住宅

函の家

実施エリア:

奈良県生駒市

延床面積:

100平米

内容:

開発業者が土地と建築を抱き合わせで販売する、いわゆる「建築条件付き」物件。大量生産の建売住宅しか作ったことがない業者にでも施工出来て、業者指定の材料を用いて、限られた予算で、時間で、床面積で。様々な制限の中、施主さまと一緒にあれこれ悩みながら作り上げたプランは無駄なスペースを省きながらも色々なスペースや動線の展開がある、豊かな住宅になりました。

設計:山本嘉寛建蓄設計事務所
http://yyaa.jp/

LDKとゆるやかに仕切ったキッチン

LDKの裏動線を兼ねるキッチン。突き当りは階段下を利用したスライド収納。

建具で2室に分割可能な大きいLDK

大きなLDKは来客時に予備室として分離できる可動間仕切りを仕込んでいる。

建具で2室に分割可能な大きいLDK

予備室分離時。可動間仕切りはあくまでメーカー製の既成建具を使用して設計。

吹抜に面したライブラリ

2階ライブラリ。親子で十分机を並べて作業できる大きさを確保。そのかわり子供部屋は「子寝室」と考えて最小限に。

LDK

LDK。細長いスリット吹き抜けは2階のライブラリとつながっている。

玄関アプローチ

玄関扉や床タイルは、装飾過多な物が多い業者指定の既製品から、飛び切りシンプルなものをチョイス。

外観

コストを圧縮するため、凸凹の全くないシューズボックス型の外形を守りながらプランニング。

外観

一般的な売建住宅も、一寸設計のテイストを加えるだけでこれだけ大きく変わる。

外観

建築条件付きの制約中で間取りだけ組みかえた住宅です。