注文住宅

WHITE BOX&BLACK WALL

面積:

361㎡

実施時期:

2007年竣工

内容:

高知市内に建つ事務所併用住宅。周囲には中層マンションや専門学校が建ち、太陽高度の低い冬場は午前中の日当りは期待できない。またあらゆる方向からの視線も気になるところ。クライアントからの要望は1階には5台の車が置けることと周囲からの視線を気にすることなく過ごせ、また明るくて風通しのよい家にして欲しいとのことだった。

西側中央部に中庭、それに連続する2階テラスに落ちてくる光は白い壁に反射され各室に届いている。またガレージ右側には3層吹き抜けの階段室があり、東面の壁にそってスリット状のトップライトがしつらえられている。2階中央部のリビングルームには中庭と階段室上部の両方から間接的に光が入り、昼間は全く照明器具が不要なくらい明るい。また南面のFRPグレーチングによって周囲からの視線は遮られているため、全室どこからも室内の様子は見えない。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

松木貴史

建築家 / @高知県

学生の頃から建築は文化の象徴であると信じてきました。また、建築は時代を反映するものであり、技術の進歩とともに、かつては非常識であったことが常識になることもあると考えています。伝統的なものにとらわれない今の時代にふさわしい建築を造っていきたいと考えています。

松木貴史

建築家 / @高知県

この専門家のプロジェクト一覧