戸建リフォーム・リノベーション

出雲の家

面積:

190㎡

エリア:

長崎県長崎市

実施時期:

設計期間2004.11~2005.5、工事期間2005.6~2005.11

内容:

長崎市大浦地区に建つ木造2階建の住宅。丘陵地のふもとに位置し、1階に店舗を併設する。市の道路拡幅計画により、およそ半分の敷地が買収対象となったため、建替えが計画された。間口約24.5m、奥行き約5.5mの直角三角形状の不整形な敷地のなかで、親世帯の住宅+子世帯の店舗といった変則的な2世帯併用住宅に籠められた高密度な要求をいかに空間として実現させるかが設計のテーマとなった。奥にある個子世帯が生活する既存の建物を避けつつ、住宅と店舗、さらに配達用の駐車スペースと搬入スペースなどを確保すべく、2階部分をキャンチレバーで持ち出している。空中にせり出す木の箱のシルエットと、木製ルーバー越しに漏れ出す光は、この住宅を周辺の環境から際立たせるとともに、郊外の市街地の風景にアクセントをもたらしている。

主体構造木造軸組在来工法
基礎 ベタ基礎
規模 地上2階建
軒高 7.075m
最高高さ 7.250m
敷地面積 149.55㎡
建築面積 104.42㎡
延床面積 190.95㎡

Completion in 2005 /
Izumo Nagasaki,
JAPAN
撮影:志賀 智

ハイサイドからダイニングキッチンへと射し込む朝の光。透明なキューブのようにデザインされたテラス。ダイニングキッチン越しに見る、“和”のキューブ。
撮影:志賀 智

寝室に併設する、白いキューブとしてまとめられた収納群。
撮影:志賀 智

トップライトからの光がやわらかく階段を照らす。
撮影:志賀 智

四角く切り取られた青空が、テラス越しにダイニングキッチンへと顔をのぞかせる。木製ルーバーで遮られたテラスは都市の中に浮遊するプライベートな隠れ家。
撮影:志賀 智

1階店舗の入り口、および2階テラスの壁面を構成する木製のルーバー。表通りと建物の間の気配のやり取りを可能にする。夜は、ルーバー越しの光が街路を照らし、既存の都市景観にあらたな場所性をつくりだす。
撮影:志賀 智

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

佐野正樹

建築家 / @福岡県

オランダに留学していた頃、アムステルダムは住宅事情がとても悪く、2年弱で4軒のアパートを転々としました。いろいろな箱の中で生活をしてみて、意外に人間の暮らし方には適応力があるものだと感じています。 日常生活が、効率よく“場”を使うことだけではあまりにも味気がないですし、“場”の方から人々の活動を誘い出すことで、思いがけず暮らしの幅も広がっていくのではないでしょうか。住まわれる方々との共同作業を通し、ありきたりではない十人十色な生活をサポートする住環境をつくりだせたら、とそんなことを考えながら設計をしています。

佐野正樹

建築家 / @福岡県

この専門家のプロジェクト一覧