注文住宅

O house

実施エリア:

北海道帯広市

内容:

街中の喧噪を住居内に持ち込みたくない、また外部から内部を見られたくない、との要望から、敷地いっぱいの東と北へL型に建物を寄せ南面を高い塀で囲うこととしました。
この住宅の玄関を開くとリビングの土間空間、そして中庭に面しているパサージュへと通り抜けがあり、途中のリビングの土間で靴を脱ぎ捨て上がることも出来れば、靴を履いたまま中庭まで行くことも出来ます。
中庭を囲むようにリビング・ダイニング・キッチン・畳空間・洗面洗濯室・浴室が配され、中庭を挟んだ向かいには屋根だけのパサージュがあり、開放的な空間を演出しています。
二階には屋根を窪めたデッキがあり、日高山脈や街の花火大会を堪能できるとのこと。
このデッキ空間もまた、外部からはうかがい知ることの出来ないような構成になっています。
この家は「閉じながら開く」を実践したことにより、外からは閉鎖的に見えるが内部では快適な自己空間がつくれ、プライバシーがしっかりと守られています。