注文住宅

長久手の家

実施時期:

2015年2月

内容:

道路から高さ3m程の崖をもつ敷地に建つ 分譲住宅の計画です。
階段の上り下りが負担にならないよう 道路レベルと地盤レベルの中間に床を設定し、半階ずつ居場所が現れるスキップフロアを採用しました。
コンパクトな各居室は 断面的なつながりをもつことで その先への気配を感じさせ、実際の気積以上の広がりが感じられるような空間を意識しました。