注文住宅

黄金比の家

費用:

3500万円

実施エリア:

神奈川県横浜市

延床面積:

176平米

内容:

敷地は角地ながら道路後退、建ぺい率50%・容積率80%という条件で、41坪の中にプライバシーを確保しながら拡がりのある居間を作りたいという要望をいかにすっきりとした空間にまとめるか?
その回答として、中庭側はすべてガラス、隣地側の壁は高窓のみとして、外に閉じながらも中庭に開いた空間を設計しました。
その結果、ガラス越しのラセン階段が地下から2階まで伸びている様子が中庭から覗え、居間には座卓のテーブルで中庭との一体感が生まれます。
居間の吹抜けと上部のガラス床パソコンルームによって空間を縦につなぎ立体的にも拡がりを作りました。
共働きの家にふさわしいように、防犯の配慮として中庭へ入る目隠しフェンスは門の役目も果たしています。
又、地下にはトップライト・吹抜け・ラセン階段・ドライエリアと光を楽しめるように作り、2階の子供部屋は居間の吹抜けに面して北側斜線上の屋根裏にロフトを作りました。
三角形の2枚の大きなガラスが内部の光を生み出し、夜景もきれいな家となっております。
小さな工夫として、内部建具の上部にはガラス欄間窓により拡がりを感じさせ、2階インナーテラスのグレーチング床により1階玄関に光を取り込み、差し込む様子が時間によって変化します。

敷地面積 138.52㎡
建築面積 62.10㎡
家族構成 夫婦+子供2人
構 造   地下RC造 地上木造
設計期間 8ヶ月
施工期間 8ヶ月
規 模   地下1階 地上2階+ロフト

リビング

リビングの照明はスポットだけで十分な明るさ。
リビングのテーブルもオリジナルで造作。

グレーチングの床から

グレーチングの床から玄関へ光を おとします。

地下室

地下にあるワインルームとドライエリア

外観

黄金比の美しいプロポーションでスリット塀がモダンなアクセントになっています