注文住宅

深沢の家

内容:

梁の架け方・柱の落とし方を工夫することで生まれた、木造の大きな空間。
柱には領域をつくり出す性質があり、その性質を生かしつつ、大きな空間における木造らしい柱の落とし方を考えた。
コストの制約がある中、この住宅では市場に流通している一般的な木材を組み合わせた梁とそれを支えるV字柱をならべることで、木造としてはやや大きな空間を実現していると共に、V字柱と組み立て梁により空間に領域をつくりだしている。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

森清敏/川村奈津子

建築家 / @東京都

住宅の設計において重要なことは、クライアントとの信頼関係だと思っています。あらゆる角度で可能性を探り、対話の中で潜在的に埋もれてしまっているその家族の住まいにおけるテーマを引き出していきたいと考えています。すべての要望をお聞きした上で、クライアントのイメージをただ具現化するのではなく、その要望を解釈し直しつつ最もテーマとなることは何かを探し出し、明快な構成にしていく。そのためには、とにかく「話すこと」が不可欠です。また、工事監理においても、志と技術レベルの高い工務店との密接な打合せが重要です。クライアントとの打合せには原則2名で参加し、男女双方の視点で設計、監理を進めます。

森清敏/川村奈津子

建築家 / @東京都

この専門家のプロジェクト一覧