注文住宅

深沢の家

内容:

梁の架け方・柱の落とし方を工夫することで生まれた、木造の大きな空間。
柱には領域をつくり出す性質があり、その性質を生かしつつ、大きな空間における木造らしい柱の落とし方を考えた。
コストの制約がある中、この住宅では市場に流通している一般的な木材を組み合わせた梁とそれを支えるV字柱をならべることで、木造としてはやや大きな空間を実現していると共に、V字柱と組み立て梁により空間に領域をつくりだしている。