写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

「くり抜く」ことでつくり出される「場・光・影」

畑に隣接する北側以外は住宅が密集する東京近郊の住宅地。要望される面積を確保するため、建蔽率いっぱいの平面形状とし、斜線制限をクリアした中で気積が最大となる骨格をつくった。そこから「くり抜く」という引き算の行為で玄関ポーチや2階のバルコニーなどを設け、容積率をクリアしている。そして、この「くり抜いた部分」に窓を設けることで陰影のある多様な「場」を内部空間にもたらし、光と風を取り込みつつも近隣からの視線を遮る計画となっている。ハイサイドライトの下部に仕込まれた間接照明の光が、吹き抜けと階段上部の天井に反射し、柔らかな光を室内に落とす。この部分が建築と一体化した、この家の一つの大きな照明器具となっている。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

森清敏/川村奈津子

株式会社MDS

森清敏/川村奈津子

対応業務

注文住宅、リノベーション

所在地

東京都港区南青山5-4-35 ♯907

対応エリア

埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

森清敏/川村奈津子さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

森清敏/川村奈津子

建築家 / @東京都