注文住宅

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい (吹き抜けの大空間LDK)

吹き抜けの大空間LDK

(撮影:藤村泰一)

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい (明るい光の差し込む広々LDK)

明るい光の差し込む広々LDK

(撮影:藤村泰一)

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい (明るい対面式キッチン)

明るい対面式キッチン

(撮影:藤村泰一)

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい (ダイニング・アウトドアリビング)

ダイニング・アウトドアリビング

(撮影:藤村泰一)

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい (中庭より室内を見る)

中庭より室内を見る

(撮影:藤村泰一)

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい (アウトドアリビング)

アウトドアリビング

(撮影:藤村泰一)

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい (緩やかにつながるLDK-1)

緩やかにつながるLDK-1

(撮影:藤村泰一)

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい (緩やかにつながるLDK-2)

緩やかにつながるLDK-2

(撮影:藤村泰一)

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい (キッチン横のワークスペース)

キッチン横のワークスペース

(撮影:藤村泰一)

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい (真っ白な洗面スペース)

真っ白な洗面スペース

(撮影:藤村泰一)

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい (シンプルな玄関ホール)

シンプルな玄関ホール

(撮影:藤村泰一)

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい (真っ白な外壁に映える玄関ドア)

真っ白な外壁に映える玄関ドア

(撮影:藤村泰一)

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい (真っ白な外観)

真っ白な外観

(撮影:藤村泰一)

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい (真っ白な外観夜景)

真っ白な外観夜景

(撮影:藤村泰一)

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

所在地

香川県松山市

敷地は松山市の住宅地にあり、夫婦と子供2人のための住宅である。
クライアントからは、現在保有している家具を使用したい、プライバシーが保たれた中庭を取りたい、という要望があった。
ゾーニングは中庭と家具が置かれる位置関係と距離感を中心に空間構成を考えた。リビング、階段、吹抜け、ダイニングキッチン、ワークスペースは、独立性を保ちつつ中庭を取り囲むように緩やかに連続させている。中庭に落ちた光が各空間へ拡散され居心地のいい空気を作り出す。家族がそれぞれの場所で過ごしながらもお互いに気配を感じる事ができる繋がりのある空間を目指した。
そして長年愛用されている家具は修復や張り替えが施され、これからもクライアント家族と共に暮らしてゆく。

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

細川範規

細川範規

場所の心地よさ、空気感を大事にしたいと考えています。シンプルで上質な空間を提案していきます。住宅建築はクライアントと建築家のコラボレーションです。デザインを楽しみましょう。

所在地

愛媛県松山市永木町2-3-16 福岡ビル1F

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

細川範規さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

細川範規

建築家 / @愛媛県