注文住宅

『道後のコートハウス』共に成長し、共に時を刻む住まい

実施エリア:

香川県松山市

内容:

敷地は松山市の住宅地にあり、夫婦と子供2人のための住宅である。
クライアントからは、現在保有している家具を使用したい、プライバシーが保たれた中庭を取りたい、という要望があった。
ゾーニングは中庭と家具が置かれる位置関係と距離感を中心に空間構成を考えた。リビング、階段、吹抜け、ダイニングキッチン、ワークスペースは、独立性を保ちつつ中庭を取り囲むように緩やかに連続させている。中庭に落ちた光が各空間へ拡散され居心地のいい空気を作り出す。家族がそれぞれの場所で過ごしながらもお互いに気配を感じる事ができる繋がりのある空間を目指した。
そして長年愛用されている家具は修復や張り替えが施され、これからもクライアント家族と共に暮らしてゆく。