注文住宅

高崎U邸・石土間のある家

実施エリア:

群馬県高崎市

畳室のあるナチュラルなリビング

奥行4.5mの高い天井のリビングです。キッチン、和室、2階への階段が繋がる家の中心。北側には敷地奥の境界塀の見える地窓があり、明るい南側だけでない哲学的景色が望めます。照明は高い天井からライン状に並び、どこか北欧の香りのする気持ちよい空間です。

2階よりリビングを見下ろす

2階子供室の室内窓からリビングを見下ろす。何の変哲もなく見える形状には、多くの試行錯誤が隠されている・・・・。一見無駄にも思える長い設計期間は、建主の暖かな心の中に刻まれています。

小屋裏収納階段

計画時ロフトだったキッチン上の空間は紆余曲折の後、小屋裏収納に変身。4畳超の広さがあるとても広くて使いやすい納戸となりました。

収納たっぷりの玄関

多くの収納を有す玄関ギャラリー。扉類は全てMDF製。出来るだけ飾らない様に、出来るだけ味わい深く・・・・・。丁寧に、しかし愚直に考えて。

防犯を兼ねた立体トレリス

防犯を兼ねた壁際に設置したトレリス(ツタ棚)。建物正面に即した小さなアイデアは、植物が育つほどにその意匠が引き立つ事でしょう。

広く美しい石土間

建主と共に施工した、思い出深い石の土間。この建物の全てはここからスタートしました。愛着深くいろいろ使えて、広く美しく、土地がそのまま隆起したかのような形状の土間。石財は群馬特産の多胡石乱貼で、施工の安藤建設様の倉庫に眠っていた運命の石。

石土間のある家-外観

正面外観。写真右側2階に子供室が乗る当社得意の南面細長配置の家。将来の太陽光発電のため屋根は南傾斜とし、遠い将来への2階増床も視野に。耐久性と機能性を中心に、気負うことなく丁寧に設計・施工し完成した名品です。