注文住宅

N邸・伝統と現代の生活の調和を目指した邸宅

面積:

147㎡

エリア:

徳島県阿波市阿波町

実施時期:

2009年

内容:

木材と珪藻土は日本の伝統的内装材です。
その効果は湿気や臭気を調整し、室内を清浄に保ちます。
伝統と現代の生活の調和を目指した邸宅です。

野口 基

我々は木造の可能性を追求し、健全で安心の建築を創造します。  木材は調湿性に優れ、日本でも調達と再生が可能な素材です。  その有要性は日々拡大し、現代の技術や素材を組み合わせることで、より強く可能性の広がる構造を実現できるようになってきています。  我々自身も広いスパンを確保するため、構造実験を行うこともあります。  架構を表した伝統工法で建築そのものの魅力を見せ、費用対効果を明確化し、誠実で透明な設計・監理業を営んでまいります。