マンションリフォーム・リノベーション

ナチュラルスタイル~Heritage アイアン素材の融合~

費用:

750万円

延床面積:

68平米

築年数:

40年

内容:

阪神間にひっそりと佇むヴィンテージマンションがあります。瓦をあしらった外観と、ミニマムなアイアン素材のマテリアルを融合し丁寧にデザインされたマンションの一部屋の物語です。
次世代にも受け継がれるべき素材としてのマンション。リノベーションでは、マンションの共用部とのコラボレートしています。
お部屋では、居心地の良い空間で長く過ごすためにベットシットを採用。
元々設置されていた琺瑯のキッチンをレストアし、空間のテイスト作りの中心となっています。
寝室スペースとしてのベットシットは、LDKに対して、空間が開放的にあっており、海外でのホテル住まいを意識した空間作りになっています。
日本的な狭い部屋を数多く配置せずに、必要な空間はベットシットと廊下のウォークインクローゼットのみ。
玄関には6帖の土間を。床材をブリックタイルにし、家の中でありながら、外部としての使い勝手が可能となりました。
日本古来の間取の考え方と、海外の間取の考え方が融合したリノベーションです。

洗面室

ゆとりあるワイドサイズの白いタイルカウンターの造作カウンター。
すっきり清潔感を重視しました。
タイルが可愛さをUP!
洗面室正面のアクセントウォールは大き目タイルで存在感を。
木枠の鏡を設置し、特別な洗面室になりました。

キッチン

新築当時からの琺瑯のキッチンを丁寧にレストアしました。
40年前のキッチンでも、古く感じさせない丁寧な仕上がりとなりました。
タイルとの相性も良く、空間を特徴付けるキッチンとなりました。
床にはチーク材の無垢フローリング。
陽だまりの似合う空間です。

リビング

南側テラスからの明るい日差しが入り込むリビング。
無垢の床材と塗装仕上げの壁天井が明るさを際立てます。
シンプルな空間にすることで設置する家具のテイストを問いません。
ニッチを作りつけ、最小限の収納を確保し、ベットスペースとゆるく繋がるリビングはホテル仕様。

ベットシット

開放的なベットルーム。LDKからは床レベルを変え、目線を隠す造作家具によって空間が仕切られています。
空間が大きく繋がる事によって、夫婦の空間の共有が可能になりました。

玄関土間

玄関土間は使い勝手重視!
広々としており、趣味の自転車も収納・手入れが出来ます。
リビング側からは明かり取りの窓も配置、廊下側でも明るい土間スペースとなります。

共用部からつづく、ブリックタイルの室内玄関

共用部からデザインと取り込んだ玄関。
ブリックタイルと木とアイアンが上手く溶け込んだ空間になります。