注文住宅

東山の家

エリア:

東京都

内容:

左官と木と石の素材を生かした上質な空間

北側道路に面した都市住宅。最上階のリビングは北側(道路側)のハイサイドライトと南側テラスから光が差し込む明るく開かれた空間となっており、それに対して半層下がった北側のダイニングキッチンは、あえて明るさを抑えた落ち着いた空間となっている。上下階が連続する一体空間は床のレベル差と大谷石の壁により緩やかに領域分けされており、窓を抑えることで生まれた明暗がさらにその領域性を強め、光と影は左官、石、木といった素材感を引き立てる。外壁は左官仕上げとしており、様々な土を組み合わせて色味を持たせ、更に大きさの違う砂利を入れて掻き落とす事で質感を増している。左官ならではの弧の表現をデザインに生かし、奥行きを持たせた重厚なファサードデザインをつくり出している。

家具が建築を引き立てているリビング

奥にテラスがあり、太陽の光に溢れたリビングをダイニング・キッチンより見る。

壁一面に収納を集約し、スッキリとした空間に。

1Mのレベル差があるリビングとダイニング・キッチン。付かず離れずの距離感がある。

スキップフロアのため、付かず離れずの距離感で、キッチンとスタディスペースが連続する。
子供が勉強をしている様子がキッチンからうかがえる。

階段の踊り場を利用した家族のスタディスペース

Rの壁が空間のアクセントとなっている

左官の特徴を活かしたRの玄関ポーチ

左官材の可能性を追求した外観

左官と木と石の素材を生かした上質な空間

北側道路に面した都市住宅。最上階のリビングは北側(道路側)のハイサイドライトと南側テラスから光が差し込む明るく開かれた空間となっており、それに対して半層下がった北側のダイニングキッチンは、あえて明るさを抑えた落ち着いた空間となっている。上下階が連続する一体空間は床のレベル差と大谷石の壁により緩やかに領域分けされており、窓を抑えることで生まれた明暗がさらにその領域性を強め、光と影は左官、石、木といった素材感を引き立てる。外壁は左官仕上げとしており、様々な土を組み合わせて色味を持たせ、更に大きさの違う砂利を入れて掻き落とす事で質感を増している。左官ならではの弧の表現をデザインに生かし、奥行きを持たせた重厚なファサードデザインをつくり出している。

この住宅事例を手掛けた建築家

森清敏/川村奈津子

建築家 / @東京都

住宅の設計において重要なことは、クライアントとの信頼関係だと思っています。あらゆる角度で可能性を探り、対話の中で潜在的に埋もれてしまっているその家族の住まいにおけるテーマを引き出していきたいと考えています。すべての要望をお聞きした上で、クライアントのイメージをただ具現化するのではなく、その要望を解釈し直しつつ最もテーマとなることは何かを探し出し、明快な構成にしていく。そのためには、とにかく「話すこと」が不可欠です。また、工事監理においても、志と技術レベルの高い工務店との密接な打合せが重要です。クライアントとの打合せには原則2名で参加し、男女双方の視点で設計、監理を進めます。

森清敏/川村奈津子さんの住宅事例

森清敏/川村奈津子さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード