注文住宅

和に合う、ミッドセンチュリー家具との住空間

面積:

374㎡

費用:

9000万円

築年数:

2012年

エリア:

埼玉県見沼区

内容:

庫裡と呼ばれねる寺院の住宅棟です。天童や北欧の家具等のミッドセンチュリーで且つ和を感じる…そして生活の場と寺院との気持ちの距離感を作りながら、調和を考えて計画しています。
この建築は断熱と庇の深さによる日射コントロールで、一般住宅の三倍の広さを同額の消費電力で、ほぼ倍の発電量を最大あげている高い省エネ性能を持っています。
いくつかの家具は仏壇を含めて宗派・住職のご意見を参考に、私がデザインしています。また庭園設計でも、植栽や石の置き方まで計画させて頂きました。
ローコストばかりでなく、庭の施工にも樹木を熟知した協力者、そしてこうした和の工事についても熟練の大工との強力なチームで当たることが出来るのも、当事務所の特徴です。

屋根の出が大きいところで1.6mの深さ。各部分の屋根の組み合わせを調整して、全体を構成、まとめられた外観です。

本間割りの本格的な茶室です。炭を使用しても換気性能をしっかり確保したものです。二室離れたところに熱交換の換気室を別に用意し、茶席の静寂性を保つ工夫に苦心しています。和室は見えないところにかなりの工夫と経験が詰め込まれた、画像ではなかなか伝わり難い部屋となります。言うまでもなく京畳なのですが、畳の目の山と縁の位置関係まで、厳格に職人に作らせています。

玄関の床の仕上げは悩む方には非常に気になるところです。タイルは一般的な仕上げ材料ですが、濃い色で仕上げようとすると、掃除はもともと容易いものの、汚れがはっきり靴のカタチとなって残ってしまうことが多く、常に美しくお客様を出迎えたいというお気持ちの方には大変手間がかかります。ここでは1人や2人のご来客が訪問されても、汚れの目立たない割り肌の石張りです。1枚1枚を現場で割って大小さまざまな石の個性を見ながら張り込まれて海の水面を思わせてくれます。

屋根形状に合わせて内部の天井をを考えたのならば、曲面の天井は生まれなかったと思います。階段を下りた位置では、高さが絞り込まれた天井の位置となっており、曲面を経て階段を上るあたりからは、階段の勾配に合わせて真っ直ぐに上ってゆく形状です。この曲面が階段を下りた人、そして撮影の視点位置となっている廊下を歩いて来た人にとっては歩みを進めてきた心をグッと受け止めるような溜め、静の雰囲気を作り出す空間になっいます。

季節によって楓が陽を透かす色を変え、空の色との多彩な季節の風景が眺められる。長い年月育ってきた木々たち、愛着ある家具たちと一緒に、原稿や書類をまとめたり読書をしたり・・・そんな空間。シンプルなデザインが中心の時代ですが、すこし感性豊かに有機的なデザインも良いのではないでしょうか。昔の手紙を読んだり、人の感情は年齢にも日にもよって大変複雑なものです。万年筆や便せん、さまざまな思い入れのある調度品との融和を考えたデザインの一手法です。

この住宅事例を手掛けた建築家

森 大樹/小埜勝久

建築家 / @埼玉県

●住んで戴きたい家の為に・・・  環境に優しい家、住まい手に優しい家とはどの様なものでしょう?人類の家づくりの歴史は、現代のような設備機械の無い時代が長く、基本的な性能を高めることの工夫の歴史でした。我が国では屋根の深さ、断熱材と耐火の役割を持った左官壁、季節に応じて使い分ける建具の多様性に至る歴史に他なりません。左官壁は今や断熱材に置き換えられる様になりましたが、建築は最も信頼のおける基本性能の寿命の分だけ、環境に適応してきました。そうとは言え、設備に頼らないわけにも行きません。それなら私達は先ず、古来の建築の建て方に学び、まず基本性能を充実させる事を考えましょう。半端な建築では設備機器に負担をかけ、設置費用の分を取り戻すかそれ以前に、それらの省エネ設備の寿命は尽き、次の世代に資産価値として残すにも残念な結果を招いてしまいます。それにも関わらず、環境に優しいという建築は、設備機器だけが関心事となっているようでは本末転倒です。設備機器の設置は後でも可能ですし、これからも値は下がりますが、建築工事は後になるほど高くつきます。敷地の余裕が許す限り、屋根をしっかりかけ、断熱性能をしっかりあげ、機械に頼らない、エネルギー消費に頼らない住宅を作りましょう。 【 これからの建築は、燃費も考えて住んで欲しいと思います。そして、いつまでも価値のある住まいで健康に生活してもらえる家をこれからも提案したいと思います。】

森 大樹/小埜勝久

建築家 / @埼玉県

森 大樹/小埜勝久さんの住宅事例

森 大樹/小埜勝久さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード