リビング、個室もダイニングルームも大きなお風呂もいらない。そこで、引き戸の開け閉めにてフレキシブルに使える家に。

注文住宅

小江戸川越の町家 ー小間を立体的に繋げた現代的町家ー

手掛けた建築家

設計、監理、エクステリア(庭・外構)を担当

小江戸川越の町家 ー小間を立体的に繋げた現代的町家ー (外観)

外観

路地に面して開かれた縁側

小江戸川越の町家 ー小間を立体的に繋げた現代的町家ー (縁側)

縁側

まちに開かれた縁側と、引き戸を開ける事で繋がる土間 写真:上田宏

小江戸川越の町家 ー小間を立体的に繋げた現代的町家ー (縁側と裏庭を繋ぐ通り土間)

縁側と裏庭を繋ぐ通り土間

縁側と裏庭を繋ぐ通り土間は、視覚的な広がりと通風をもたらす 写真:上田宏

小江戸川越の町家 ー小間を立体的に繋げた現代的町家ー (食の間)

食の間

食の間は階段を介して、土間や縁側と繋がる 写真:上田宏

小江戸川越の町家 ー小間を立体的に繋げた現代的町家ー (妻の間より食の間と居間を見る)

妻の間より食の間と居間を見る

手前は畳敷きの妻の間。奥も畳敷きの居間。黒い部分はロフト。 写真:上田宏

小江戸川越の町家 ー小間を立体的に繋げた現代的町家ー (路地に面する居間)

路地に面する居間

手前の食の間は、階段部分の吹き抜けを介して土間や縁側と繋がる 写真:上田宏

小江戸川越の町家 ー小間を立体的に繋げた現代的町家ー (食の間と階段)

食の間と階段

階段は踊り場まで木の塊として表現され、踊り場から上は黒いスケルトンの軽やかな階段に切り替わる 写真:上田宏

小江戸川越の町家 ー小間を立体的に繋げた現代的町家ー (居間から食の間を見る)

居間から食の間を見る

屋根の一番高い部分にロフトがある。ロフトは黒い塊。 写真:上田宏

小江戸川越の町家 ー小間を立体的に繋げた現代的町家ー (ロフト)

ロフト

屋根の一番高い場所に設けられたロフト。 奥に屋上テラスが見える。 写真:上田宏

小江戸川越の町家 ー小間を立体的に繋げた現代的町家ー (土間)

土間

引き戸を全開すると、土間は縁側と繋がり、路地に開かれる。 写真:上田宏

小江戸川越の町家 ー小間を立体的に繋げた現代的町家ー (通り土間)

通り土間

夫の間を通る通り土間 写真:上田宏

小江戸川越の町家 ー小間を立体的に繋げた現代的町家ー (通り土間に設けた洗面カウンター)

通り土間に設けた洗面カウンター

通り土間部分にある洗面カウンター 写真:上田宏

小江戸川越の町家 ー小間を立体的に繋げた現代的町家ー (食の間)

食の間

南向きのハイサイドライトから光を取り込む 写真:上田宏

小江戸川越の町家 ー小間を立体的に繋げた現代的町家ー (外観夜景)

外観夜景

まちに対して閉じすぎない佇まい 写真:上田宏

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
15

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

設計、監理、エクステリア(庭・外構)を担当

用途

自宅

居住者

夫婦・カップル

所在地

埼玉県川越市

敷地面積

70.19㎡

延床面積

66.87㎡

階数

2階建て

間取り

4DK

施工会社

中杢商店

間取り

手掛けた建築家のコメント

設計、監理、エクステリア(庭・外構)を担当

夫婦おふたりで住む新築の戸建て住宅です。
おふたりの大好きなまち「川越」らしさを大切にしました。今は街に密着した生活を楽しまれています。

家づくりのきっかけ・施主の要望

お子さま達が独立して家を出られたのをきっかけに、大好きなまち「川越」に移り住む事を決意されました。ご夫婦それぞれに仕事や趣味を持たれていて、ふたりの時間だけでなく、それぞれの時間も大切に過ごせる家を要望されました。

この事例の見どころや工夫したところ

木の縦格子、黒っぽい外壁、平入の屋根形状など、川越らしさを大切にしています。路地に開かれた縁側、縁側から裏庭に抜ける通り土間、2階の食の間も立体的に繋ぎ、町家の作り方を受け継ぎながら、個室となる小間を繋げました。
秋の「川越祭り」では路地に祭り提灯がぶら下がり、夏は屋上から「川越の花火」を見ることができます。

施主の感想

奥様の実家は店舗を営なまれていたそうで、1階の路地に開かれた土間や、それに続く2階の食の間の開かれた感じを気に入っていらしゃいます。また街歩きやお祭りの際、気軽に立ち寄れる土間は、新たな交友関係を生んでいるそうです。移り住んでから様々なサークルやイベントなどに積極的に参加されて、川越のまちを思う存分楽しまれているようです。

事例の進み方

最初、ご自分達で考えたプランを持って事務所に訪ねて来られました。
最終的には全く違うプランになりましたが、その時の住宅のタイトルが「川越の町家」というものでした。コンセプトはすぐに決まり、目標が定まったため、打合せもスムーズに進められました。

印象に残っていること

元々、おふたりの住まい方がはっきりとしていました。リビングは使わないのでいらない、それぞれの個室もダイニングルームもお風呂も大きなものはいらないというものでした。
そこで小さな小間を沢山作り、引き戸を開け閉めすることで、個室になったり大きくひと繋がりになったり、フレキシブルに使える家にしようと思い付きました。

いい家!
15

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

東京都世田谷区玉川台1-5-10 あか尾ビル4F

対応エリア

東京都

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,700〜5,400万円

60平米 フルリノベ

900〜2,100万円

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

K+S アーキテクツさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けた建築家

K+S アーキテクツ

@東京都