注文住宅

CASE 495 | 舞台の家

内容:

豊かな緑、空の広さ、高低差のある形状、風の道・・自然の心地よさが表現されている土地を舞台にして、素晴らしいロケーションを活かすべく計画された住宅です。建物は、ボリュームを「くの字」に曲げる事で、家の向きを決定付け、庭と建物の関係を整えています。5mの全開口となるサッシを開けると、庭と一体になるLDKが、「室内」としての装いから、自然の中に佇む「舞台」のような装いに代わります。断熱材や気密性能、地中蓄熱式暖房の採用にもこだわり、四季を楽しめるこだわりの空間を実現しました。

設計監理:フリーダムアーキテクツデザイン
施工場所:愛知県常滑市

開放感のあるアウトサイドリビング。バルコニー上の天井と、室内の天井をつなげることで外と中のつながりを感じられるようにしています。

吹き抜け部分と大きなアウトサイドリビングからめいいっぱいの採光が入るLDK。

広々とした開放感のあるLDK。天井も高く、バルコニーと繋がっているので開放感があります。

ステンレス製のキッチンに木材のあたたかみのあるレトロ古民家風のキッチンダイニング。

外の展望を楽しめる広々としたバスルーム。スキップフロアもあり、まるでホテルのスイートルームのような空間です。

この住宅事例を手掛けた建築家

フリーダムアーキテクツデザイン

建築家 / @東京都

白紙の設計図面に、最初のインクをのせるのは、まずあなたに会ってからです。先入観なく、固定概念もなく、あなたの土地と、あなたの住まい方を知ってからです。言葉にならない夢をお持ちなら、ひとつひとつ解決しましょう。 すべてを白紙からご一緒に。 はじめまして。 私たちは自由という名の設計事務所です。