注文住宅

障子と竹に囲まれた終の棲家

障子と竹に囲まれた終の棲家 (竹のシルエットを楽しむ趣味の間”俳句の間”)

竹のシルエットを楽しむ趣味の間”俳句の間”

障子張りの趣味の間です。初老の奥さんはここで俳句を詠むのが趣味です。座るところには畳を敷き、長時間でも座っていられるようにしました。リビング空間との一体感を維持しながら籠もれる小さな居場所をつくりました。

障子と竹に囲まれた終の棲家 (障子と敷き瓦に包まれた居場所)

障子と敷き瓦に包まれた居場所

障子に3方を包まれるように計画したリビングです。カウンターレベルには敷き瓦が敷かれ、障子により濾過された優しいひかりは、敷き瓦に反射して空間全体に行き渡ります。太陽光によっては竹のシルエットが障子に映り込み、終日飽きること無く居ることが出来る空間です。

障子と竹に囲まれた終の棲家 (竹と障子に浮いた終の棲家)

竹と障子に浮いた終の棲家

格子戸を開けて中に入ると露地が抜けています。露地に面して竹と障子に包まれた家が浮くようにして在ります。

障子と竹に囲まれた終の棲家 (都市に建つ格子と竹のシルエット)

都市に建つ格子と竹のシルエット

都市郊外に建つ終の棲家の外観です。 奥にあるのは障子で囲まれた家屋で、格子と布袋竹のスクリーンを経て街と繋がります。終の棲家に要求される防犯性は時に閉鎖的な住空間を創り出し、住人と街との繋がりを無くしてしまう危険性があります。 この終の棲家では、安心感とともに、建物の抜けを創り出すために、格子と竹を用いて適切な透明性を創り出しました。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

所在地

岐阜県岐阜市

費用

設計・施工:4000万円

延床面積

148㎡

終の棲家に相応しく、最小限の面積を心がけながら、防犯性を考慮しつつ開放感と安心感の同居した住居の在り方を検討しました。
寝室と洗面、浴室を除く空間は一室空間として、床はフラット。周囲を障子で覆った空間の外には布袋竹が植えられ、道路側にはさらに格子が設えられた。そのお陰で奥行きと趣のある外観とともに、安心感と開放感が同居した終の棲家が出来たと思う。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

acaa

acaa

家を坪数や部屋数という物差しで計ることは止めた方がいいのではないでしょうか。なぜならば、それは量産住宅にとって設計の手間を省き、建設コストを抑える都合のよいツールであるだけでなく、日本の風土に根ざした住空間の在り方を否定することになるからです。広がりと籠もり感、明るさと陰影が共存する居場所に心地よさを見出してほしいのです。

所在地

神奈川県横浜市中区石川町2-78-10-4F

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

acaaさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

acaa

建築家 / @神奈川県