注文住宅

松本岡田の家 -切妻六.五間堂-

実施エリア:

長野県

実施時期:

2016年竣工

内容:

切妻六.五間堂
-黒と白の凛とした佇まい-

遠景に自然豊かな山並みを望み、そして比較的ゆったりとして閑静な住宅地に位置する敷地に計画された住宅です。
今回のプロジェクトは、和のテイストと、奥様が実際現地を訪れてとても印象に残っている「アンネの緑の切妻屋根の家」の切妻屋根、そして森のような庭というのがご希望でした。
屋根の形は、住宅の外観にとって大きな要素であり、プランとも深く関わりがあります。以前から切妻屋根は、そのシンプルな形状を生かすには屋根のラインをなるべく長く一直線に見せるのが一番美しいと考えていました。シンプルな架構をなるべく長く連続することで生まれるリズムこそが、切妻の美しさではないかと思っています。このプロジェクトもなるべく一つの屋根で、しかも大きな屋根で家族を包み込むようなそんな切妻屋根でありたいと願いました。そのためにはプランもなるべくシンプルでなくてはならず、南側に幅六.五間のリビング・ダイニング、そしてキッチンをワンルームとしたプランとしました。その空間の上部は、すべて吹き抜けのように屋根までの高さとし、軸組の化粧梁や柱が表しとなった「和」のイメージを持つ大きな空間になっています。
壁は、しっくい塗りの白を基調とし、柱、梁、垂木などは黒く塗っています。床は、深い茶色のきれいなウォールナット材のヘリンボーン(魚の背骨のような形)のフローリングで、独特な表情を創りだしています。造り付けの家具はブラックウォールナットとヤマザクラの無垢材を使用しており、しっかりとした素材感、そしてシックで上質な和モダンの雰囲気を創りだしています。
南に面した大きな四枚のはき出しテラス窓からは、将来森のように緑豊かになるであろう庭を望むことができます。まさに普段の生活の中に自然が取り込まれるかたちです。

写真:多田ユウコ写真事務所 多田ユウコ