注文住宅

縦格子の家

内容:

前面に公園があり、近くには高架橋の鉄道が走る。新興住宅地での計画である。
縦格子をモチーフとして、和モダンのイメージを構成している。
スキップ空間を中心として、開放的な間取りとなっている。
公園からのプライバシー、高架橋からの鉄粉、騒音を考慮して、格子を取り入れたガラスで囲まれた、リビングテラスの空間構成を取り入れている。

この住宅事例を手掛けた建築家

村瀬充

建築家 / @愛知県

お施主さん、協力業者さんと、三位一体となって、 プロセスを楽しみながら、居心地の良い、ドラマチックな空間を演出できる、住宅つくりを心掛けています。