注文住宅

陽だまりの舎

面積:

126㎡

エリア:

熊本県

実施時期:

2011年

内容:

普賢岳を望むことのできる場所に家を構え、自然と向き合いながら暮らせるコンセプトに平屋というロジックを組み立てながら進めたプロジェクト。
ストイックまでにディティールを突き詰めた結果、美しいラインが現れた代表作です。

クライアントの要望は、やわらかく有機的な美しいラインを持った住まい。普賢岳を望める場所。のびのび暮せる間取り。

緩やかなカーブを描く漆喰の壁。

この住宅事例を手掛けた建築家

吉川洋

建築家 / @熊本県

私たちは「クライアントに代わって、家を建てる」ということです。家に対するイメージを共有し、 その中でクライアントのご要望や想いを同じ目線で考えて、想いと問題を一つひとつ柔軟に解決させ実現へ近づけていく作業。その中で何を表現できるのか自負を持っています。